富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2017/01/28 エヴゲーニヤ・メドヴェージェワ「完全に落ち着いてフリープログラムに向かった」

あれこれ

2017/01/28 エヴゲーニヤ・メドヴェージェワ「完全に落ち着いてフリープログラムに向かった」

 http://rsport.ru/figure_skating/20170128/1115506845.html
 
2017/01/28 メドヴェージェワは、完全に落ち着いて、フリープログラムに向かった
 
オストラヴァ、1月28日、R-Sport、エレーナ・ジヤチコーワ。
エヴゲーニヤ・メドヴェージェワは、ヨーロッパ選手権フリープログラムに、完全に落ち着いて、滑りから喜びを得ようという願いを持って出て行ったと語った。
 
メドヴェージェワは金曜日(27日)、2016年にブラチスラバで獲得したヨーロッパ女王のタイトルを防衛した。その上彼女は、フリープログラムの得点と、総合得点の二つの世界記録を樹立した。
 
「今日私は完全に落ち着いて、出て行きました。非常に強く緊張したとは言えません。神経の緊張は常にありますが — それが試合で、大舞台であれば、完全に当然のことです。しかし今日は、試合に出て行き喜びを得ることが分かっていました。
 
今日は結果に満足しています。大体、全体的に、今私はとても幸せです。やらなければならなかったことを全てやったという満足感があるか? 満足感があると言えます。今後の進歩? 可能性? どこが天井か? 向上に限界はありません!」 ヨーロッパ女王は、笑って答えた。
 
金曜日(27日)の朝の練習で4連続三回転ジャンプを跳んだメドヴェージェワによれば、3連続三回転ジャンプを跳んだロシア選手権の時のように、今回のフリープログラムでもそれをやる考えがあったと言う。
 
「ロシア選手権フリープログラムでやったことを繰り返す考えは、ありました。今日の朝のように、それを超えることも出来ました。しかし、今日の朝、私は最初の連続ジャンプで勢いよく転倒しましたから、無理にやらない方が良かったのです」。メドヴェージェワは、このように記者たちに語った。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/01/29(日) 02:50:05|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017/01/29 アイスダンスのジャッジシステムは、容認しがたいアクロバティックな難しさから離れるために変更された。 | ホーム | 2017/01/28 アレクセイ・ミーシン「自分が作ったジャンプシステムがコストナーに生かせるのかどうかを試している」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2179-68c4b4e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </