富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2017/02/01 アレクセイ・ミーシン「ユニバーシアードショートプログラムで、トゥクタムィシェワがラジオノワに技術点で勝ったのは、理にかなっている」

あれこれ

2017/02/01 アレクセイ・ミーシン「ユニバーシアードショートプログラムで、トゥクタムィシェワがラジオノワに技術点で勝ったのは、理にかなっている」

 http://rsport.ru/figure_skating/20170201/1115724410.html
 
2017/02/01 アレクセイ・ミーシン「ユニバーシアードショートプログラムで、トゥクタムイシェワがラジオーノワに技術点で勝ったのは、理にかなっている」
 
モスクワ、2月1日、R-Sport、アナトーリー・サモフヴァーロフ。
ロシアのフィギュアスケーター、エリザヴェータ・トゥクタムイシェワが、2017ユニバーシアードショートプログラムで、同じくロシアのエレーナ・ラジオーノワに技術点で勝ったのは理にかなったことだと、コーチのアレクセイ・ミーシンがR-Sportに語った。
 
2015年世界女王トゥクタムイシェワは、水曜日(1日)アルマトイで行われたショートプログラムで、69.01ポイントを得て2位になった。ラジオーノワは、彼女を0.01ポイント上回っている。ラジオーノワの技術点は、36.42ポイントで、トゥクタムイシェワのそれは、36.89ポイントだった。
 
「良い滑りで、リーザは非常に生き生きとして見えた。彼女が技術点でラジオーノワに勝ったのは、理にかなっている」。ミーシンは電話で語った。「基準に叶っていないと考えられるダブルアクセルのミスだけのせいで、彼女はプログラム全体で勝利出来なかった」。
 
トゥクタムイシェワは今シーズン、トリプルトウループ-トリプルトウループのコンビネーションジャンプを跳んでいるが、多くの女子シングルスケートのリーダーたちは、得点が十分でないことから跳んでいない。
 
「もし、(より基礎点の高い)3Lz-3Tを跳び、次に3Loをやるとしたら、それは3T-3Tと単独3Lzを跳ぶのと実質的に同じことだ。彼女の跳ぶ3T-3Tは非常にダイナミックに見え、(GOEシステムで)+2、あるいは成功したジャンプの時には+3になるから。リーザのジャンプはパワフルだ」。ミーシンはこう説明した。
 
トゥクタムイシェワのショートプログラムの今の構成の代わりに、ルッツ-トウループのコンビネーションと次にフリップをやるというバリエーションは、「少し基礎点が上がるが、少しリスキーだ」とミーシンは考えている。
 
「なぜなら、トゥクタムイシェワのジャンプの方法は、リスキーな性格を帯びているからだ。もし彼女のライバルたちが、リンクサイド間際までゆっくり近づき、両足で立ってから最初のジャンプを跳び、その場に立つと、次にセカンドジャンプをして、またその場に立つとすれば、リーザはパワフルで、ダイナミックにジャンプを行う。
 
名前の知られた選手が、その場所からやっとのことでルッツ-トウループを実行し、片足で着氷するだけで、+2が付く。ところがリーザは、リンク半分を飛び越しながらトウループ-トウループをやることが出来る。そして+1か+2を貰う。
 
スピンとステップのジャッジングシステムは、十分に完成されているが、残念ながらジャンプは、「(倒れずに)持ちこたえた — 持ちこたえられなかった」の原則で評価されている」。ミーシンはこのように語った。

*****

https://www.sports.ru/figure-skating/1048084865.html

フリープログラム終了後(総合4位)のミーシンのコメント:

「今日のリーザの失敗したパフォーマンスにもかかわらず、私は彼女を深く尊敬しているし、彼女はそれに価する。多くのフィギュアスケートファンたちも、彼女が多くの大会で勝利して喜びをもたらしてくれたことを、感謝していると思う。

 

今の彼女は、失敗が待ち受けているような、選手生活のこのような時期にある — これも選手生活の段階の一つだ。彼女の達成したものに感謝しなければならない。フリープログラムでのこのような滑りが何に関係しているのかをまだ言うことが出来ないが、われわれは必ず分析するつもりだ」。

 

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/02/03(金) 01:34:16|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017/02/01 エレーナ・ラジオノワ「フリープログラムの自分の滑りに落胆した」 | ホーム | 2017/01/31 カロリーナ・コストナー「良いワインには常に熟成が必要」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2184-2a626161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </