あれこれ

2017/02/03 タチヤナ・タラソワ「エレーナ・ラジオノワは、ユニバーシアードの勝利によって、困難と戦っていることを証明した」

 http://rsport.ru/figure_skating/20170203/1115796811.html
 
2017/02/03 タチヤーナ・タラーソワ「ラジオーノワは、ユニバーシアードの勝利によって、困難と戦っていることを証明した」
 
モスクワ、2月3日、R-Sport、エレーナ・ジヤチコーワ。
アルマトイのユニバーシアードで勝利したロシアのフィギュアスケーター、エレーナ・ラジオーノワは、今シーズンに彼女に起こった困難を克服しつつあることを証明した、と有名なロシアのコーチ、タチヤーナ・タラーソワは考えている。
 
ラジオーノワは、12月のロシア選手権で5位となり、チェコのオストラヴァでのヨーロッパ選手権出場のためのナショナルチームのメンバーに選出されなかった。彼女は、アルマトイのユニバーシアードに派遣され、二つの滑りの合計で196.61ポイントを獲得し、優勝した。
 
この点数を先のヨーロッパ選手権に当てはめてみると、マリーヤ・ソーツコワ(192.52)を上回って4位相当になる。
 
「よく言われるように、勝者を裁くことはしないものです。点数は、彼女には少し低いですし、彼女らしい点数ではありませんが、しかし、勝利は常に鼓舞してくれるものです。
 
レーナはレーナです。彼女には彼女の個性がありますし、彼女は非常に才能ある人です。この一年はレーナにとっては難しい年ですが、彼女はそれと出来る限り戦っています。皆もこのことで彼女を助けています。彼女のショートプログラムは、最良のショートプログラムの一つです。もちろん、フリーを交えて比較してみても」。タラーソワは、R-Sportに電話で語った。
 
「レーナはもっと良く滑っています。彼女が集中し、真剣にトレーニングに打ち込み、準備をして来たことを嬉しく思っています。彼女はヨーロッパ選手権に行けませんでしたが、自分を試すことが出来て、二つのプログラムを滑った今大会がありました。彼女の高い、質の良いルッツを私は気に入りました — そのほかの多くのジャンプもですが。
 
ただループは、最初のも、二番目のも少し傾きました。しかしいずれにしても、彼女が勝負に出て、試合で回り切り、それらに勝利しつつあることを、私は彼女のために喜んでいます」。タラーソワはこのように強調した。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/02/04(土) 01:11:55|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017/02/04 ドミートリー・アリエフ「ロシアジュニア選手権での自己評価はプラスだ」 | ホーム | 2017/02/01 エレーナ・ラジオノワ「フリープログラムの自分の滑りに落胆した」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2186-e88ab7f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)