あれこれ

2017/02/05 アリーナ・ザギートワ「ジャンプ ー それは非常に難しい」

 http://www.fsrussia.ru/intervyu/2828-alina-zagitova-pryzhki-eto-ochen-tyazhelo.html
https://www.sports.ru/figure-skating/1048108254.html
 
2017/02/05 アリーナ・ザギートワ「ジャンプ — それは非常に難しい」
 
今シーズンのジュニアグランプリファイナルの勝者アリーナ・ザギートワは、サンクトペテルブルクで行われたロシアジュニア選手権で勝利した。競技の後女王は、自分の気持ちを語った。
 
—アリーナ、グランプリファイナルでの金の後、多分、自分は今ジュニアの誰よりも強いという気持ちが湧いたと思います。この大会では気持ちを克服するのは、大変だったでしょうか?
 
「ロシアジュニア選手権では、ライバルたちが私よりも強かったと思います。あるいは、少なくとも弱くはなかった。ですから、気持ちの調整は、もちろん、難しかったです。この大会は世界ジュニア選手権への選抜という、非常に重要な大会ですから、私は緊張しました。でも自分の恐怖を制御することが出来ました」。
 
—プログラム開始の文字通り直前に、あなたはアップをしながら3-3のコンビネーションジャンプを跳びました。このような「ウォームアップ」をする人は、あまりいませんが・・・
 
「私は練習でも、このようにウォームアップをしますし、その次の競技のなかで上手く行くようにと、大抵非常にたくさんのジャンプをするのです」。
 
—それらは非常に簡単にしているように思えます。
 
「それは見かけだけです。実際は、ジャンプ — それは非常に難しいのです」。
 
—サンクトペテルブルクの大会では、あなたは世界記録にそれほどひどく劣っていない得点をしました・・・
 
「得点には非常に満足していますが、私にはまだ多くの欠点があります。私はプログラムのなかで、もっと感情を見せなければなりません。ステップシークエンス — ロッカーターンやカウンターターン — を改善しなければなりません」。
 
—フィギュアスケートのなかで好きなエレメンツは、それは・・・
 
「・・・ジャンプです」。
 
—ジェーニャ・メドヴェージェワは、2大会連続で少し≪フーリガン行為≫をしています — プログラムのなかで3-3-3だったり、余分なコンビネーションジャンプだったりを跳んでいます。この大会で彼女の例に追随したくはなかったですか?
 
「したかったです。私も朝の練習で3-3-3-3の連続ジャンプを跳びました」。
 
—それを安定して出来るのですか?
 
「安定しているとは言えません。体調が良い時です。しかし、プログラムのなかではまだリスクを取りませんでした。経験を積まなければなりません。ジェーニャは、経験がより豊富です」。
 
—5連続トリプルジャンプはやったことがありますか?
 
「まだ、ありません。でも試してみようと思います」。
 
—世界ジュニア選手権では、ライバルたちや、観客、ジャッジたちを何で驚かせますか?
 
「大会を見てください。まだ秘密です」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/02/06(月) 01:00:05|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017/01/30 アンナ・ポゴリラヤ「私の車にタクシーが衝突した時には、どうして?と思った」 | ホーム | 2017/02/04 アレクサンドル・ペトロフ「四回転ジャンプ前の心理的バリアは克服された」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2189-cb541833
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)