あれこれ

2017/03/17 ドミートリー・アリエフ「自分のジュニアとしての選手生活に、良いピリオドが打てた」

 http://www.fsrussia.ru/intervyu/2888-dmitrij-aliev-ya-postavil-khoroshuyu-tochku-v-svoej-yuniorskoj-karere.html
 
2017/03/17 ドミートリー・アリーエフ「自分のジュニアとしての選手生活に良いピリオドが打てた」
 
ジュニアグランプリファイナル勝利者のドミートリー・アリーエフは、台北で、選手生活で初めて世界ジュニア選手権銀メダリストになった。ジュニアスポーツでの最後のシーズンについて、自分の課題について、競技の後ドミートリーがコメントした。
 
「まず始めに、全ての選手たちと無事競技が終了したことを祝いたい。この選手権は非常に困難で、しかも内容の濃いものとなった。
 
僕個人にとっては、今日という日はある小さな発見、フィギュアスケートにおける自分の新たなレベルの日となった。自分の全ての感情と緊張に打ち勝つことが出来て、僕は非常に嬉しい。僕にとって最終滑走は、それは試練だった。そしてこの淵を僕は今日乗り越えた — そのことがとても大きな喜びだ。
 
この大会での自分のパフォーマンスを、良いものだったと評価している。準備段階での援助に対し、僕のチームに感謝している。あったこと、過ぎ去ったこと、全てがもう過去のものとなった・・・良い練習が行われた、そのお陰で自分が出来ることの全てが見せられた・・・
 
僕にとってこの世界選手権での銀メダルは、非常に多くの意味を持つ。なぜなら、自分のジュニアの選手生活にピリオドを打てたから。そしてこのピリオドは、立派で正しいものになった。シニアのスポーツに移行するという僕たちの計画において、ジュニアの世界での2位は新シーズンの良い出発点だ・・・
 
世界ジュニア選手権の後、何もしないで座っていようなどという人は誰もいないことは明らかだ。夏には全ての選手たちが沢山の練習をするだろうと思う。
 
僕は、練習で十分に良く出来ている四回転ルッツも、ルッツとの難しいコンビネーションジャンプも武器として持っている。今度はこれら全てを磨き上げ、実際に何にこだわり、特に綿密に何の練習をすべきかを理解し、練習プロセスを正しく構築しなければならない。
 
同様に、振付師と一緒にプログラムの仕事をしなければならない。何かユニークなものを選び、夏には新しい幾つかの四回転に挑戦してプログラムに組み入れなければならない・・・
 
現在男子シングルスケートには、非常に多くの強いアスリートたちがいる。羽生結弦も、ハビエル・フェルナンデスも、多くの他の選手たちも。このことは、若いスケーターたちにもっとハードな練習をすることを余儀なくさせている。しかし、戦いがあり、熱中がある時はいつだって、より面白いのだ」。
 
(タチヤーナ・フレイド、台北)
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/03/17(金) 22:32:24|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017/03/17 アレクサンドル・サマーリン「僕の銅メダルは、これから多くの練習が必要だという指標」 | ホーム | 2017/03/15 三浦瑠来/市橋翔哉組:彼らは舞い上がるためにやって来たのか?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2235-e52543ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)