あれこれ

2017/04/02 アレクセイ・ミーシン「コリャダーとコフトゥンは、別の四回転を習得するか、あるいはロシア代表の座を他の選手の手に渡すべきだ」

http://stadium.ru/news/02-04-2017-aleksei-mishin-kolyada-i-kovtun-doljni-libo-osvoit-dopolnitelnie-chetvernie-prijki-libo-otdat-flag-v-ruki-drugih


2017/04/02 アレクセイ・ミーシン「コリャダーとコフトゥンは、別の四回転ジャンプを習得するか、あるいはロシア代表の座を他の選手に渡すべきだ」

ソ連邦およびロシア功労コーチ、アレクセイ・ミーシンは、「Stadium」特派員アレクサンドル・バルミーンに、ヘルシンキで行われたフィギュアスケート世界選手権でのロシア選手たちのパフォーマンスの印象を語った。

====一部抜粋====


「私は現役の選手生活を1956年から、コーチ生活を1969年から開始した。

競技スポーツにおける私の全活動を通じて、男子フィギュアスケートのエレメンツ実行の難易度やスキルが今年のように急激に飛躍したことは、かつて無かった。

私はこれをヘーゲルの螺旋的発展だと理解している。スパイラル状にぐるぐると回っていたが、ついに量から質に転化したのだ。今回のものは、男子シングルスケートにおける革命的飛躍だ。

ソチオリンピックチャンピオン、そして今や二度の世界チャンピオン、日本代表の羽生結弦は、これまでの人生で無かったような滑りをした。



私には、『普通じゃない人』という概念があるが、それは私自身が滑り始めたばかりの15歳の時に知った仲間内のことばだ。ヘルシンキでは『普通じゃない人』羽生が唯一無二の滑りを見せた。他の選手たちがこのようなものをいつ出来るのか — それは疑問だ。



もう一人の日本のスケーター、銀メダリストの宇野昌磨は良かった。動きの才能がある。彼はフィギュアスケートの理想を体現してはいないが、彼は素晴らしい若者だ。彼のフリップ、彼の感情、彼の独特なジャンプテクニックには驚かされた。あのジャンプテクニックは、正統派のものではなく、『街頭の舞台の教養』だ。



これまでの世界選手権で二連覇してきたハビエル・フェルナンデスには、彼の武器の一つである芸術面がある。彼のスキルやイメージを形作る芸術は、技術面が非難の余地の無く実行された場合にのみ有効だ。今回はそれが出来なかった。彼には二本のサルコウとトウループという悪くない四回転ジャンプ構成がある。



大会前に私は、『現代フィギュアスケートについて何が言えますか?』という質問を受けた。その時私は、『余計な』四回転ジャンプが美に勝つだろうと答えた。今日、難易度の高いもの全てが、上から下へと低下している。


ロシアのミハイル・コリャダーとマクシム・コフトゥンは、別の四回転ジャンプを習得するか、あるいは他のロシアシングル選手に代表の座を渡すべきだ。誰にとは、私はまだ分からない。しかし、誰かが現れるだろう」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/04/04(火) 05:13:00|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017/04/02 ナターリヤ・ベステミヤノワ「コリャダーとコフトゥンに任せましょう。彼らは出来ると感じます」 | ホーム | 2017/04/02 エヴゲーニヤ・メドヴェージェワ「私のバラ色のメガネは、既に少し青くなった」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2266-7f3e7924
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)