富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2017/04/09 マクシム・コフトゥン「ネイサン・チェンを見ると、四回転を跳ぶのはとても簡単なのだと感じる」〜その②〜

あれこれ

2017/04/09 マクシム・コフトゥン「ネイサン・チェンを見ると、四回転を跳ぶのはとても簡単なのだと感じる」〜その②〜

http://rsport.ru/interview/20170409/1118808528.html

 

2017/04/09 マクシム・コフトゥン「チェンを見ると、四回転を跳ぶのはとても簡単なのだと感じる」〜その②〜

 

====前回の続きです。一部抜粋====

 

(アナトーリー・サモフヴァーロフ)

イーグルからのアクセルは?

 

「あなたは良い入り方についてただ言っているに過ぎないけれど、僕は少し違うことを念頭においている。例えば、少しスリーターン、ブランケットをやって、すぐにトリプルアクセルに入り、着氷したら、実質的にスピンに移るのだ。この組み合わせは非常に多くの時間を節約するし、遥かに良く見える」。

 

羽生結弦はアクセルをいろいろなもので「包んで」います。

 

「彼らは皆、既にそのような技を持っているのだ」。

 

将来のそのようなプログラムに対して、あなたの体力は足りるのですか?

 

「選択肢は無い。時間も無い。だけど重要なことは、ステップもジャンプも、それら全てを僕が出来ることだ。僕は練習では四回転ジャンプをその場から跳んでいるし、2回のクロスオーバーで四回転サルコウを跳んでいる。強調するけど、その場で跳んでいるのだよ」。

 

振付師は決まったのですか?

 

「決まっているが、まだ言う訳にはいかない。ショートとフリーは違う人が作る。インナ・ゲルマーノヴナが、その方がより面白くなると考えているのだ」。

 

あなたは自分にとって、どれくらいの量のジャンプが調和のとれたプログラムを作り出すと理解していますか?

 

「『フィギュア』というものを理解している人なら誰でも、滑りは、結局のところ、『入り-ジャンプ、入り-ジャンプ』の印象になるだろうと分かっている。しかし、他の道は無い。一つの部分は、『入り-ジャンプ』のスタイルになるだろうけれど、残りの部分は  他の流儀になるだろう。難しい四回転の構成を既に披露しているフィギュアスケーターは皆、最初跳んで、その後にプログラムを見せている」。

 

プロトコルを見て、そこにチェンの6本の四回転を見出す時には、何を感じますか?

 

「僕は彼のプロトコルを見なかった」。

 

しかし、量を求めることに価値を見出すのか、あるいはオリンピックで勝つのは、たとえ量は少なくともより確実にやる選手なのか? チェンは6本の四回転で、世界選手権では6位でした。

 

「分からないよ。あなたは、今誰も答えられないような質問をしている。『人生の意味は何か?』と聞いているようなものだよ。僕には自分の考えがあるだけだ:具体的に6本の四回転が必要なのでもなく、3本が絶対なのでもなく、良いトーンのなかで、クリーンに跳んだ幾本かの四回転が必要なのだ。その時プログラムは勝てるものとなるだろう。中庸だよ」。

 

オリンピックシーズンにマクシム・コフトゥンは、どんなイメージになる筈ですか?

 

「プログラムは完全に別の文体のもので、絶対的コントラストになるだろう。しかし、今のところ、それが話すことの出来る全てだ。だって全てはまだ10回も変わる可能性がある。そういうことを僕は既に経験済みだ。最後までアイディアはそのままだったけれど、僕は音楽を変えたことがある・・・今はアイディアもあり、音楽もあるが、全ては試してみなければならない」。

 

今シーズン、世界のリーダーたちのうち誰があなたに影響を及ぼしましたか?

 

「誰が僕を上へ引き上げているか? 新しい四回転を学ぶことを僕に余儀なくさせたのは、誰よりもネイサン・チェンだ。何かの彼の試合を見て、流れに積極的に参加しなければならないと決心した。その日僕はルッツをやってみようと挑戦し、その翌日、四回転ループを跳んだ。四分の一回転不足だった。

 

しかしその後シーズンが始まり、このテーマを掘り下げる機会が無くなった。もし僕がそれらを回り切ったとしても、今シーズンプログラムに入れることは無かっただろう。でもチェンを見ていると、それらをやるのは全て簡単なのだと思われてくる。宇野昌磨が四回転フリップを跳び始めた時には、四回転をもっと頻繁に取り入れなければならないことを、僕はもはや何も疑わなかった」。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/04/18(火) 01:19:00|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017/04/18 アンナ・ポゴリラヤ「私は理想的ではない、しかし良くなることは出来る」 | ホーム | 2017/04/09 マクシム・コフトゥン「ネイサン・チェンを見ると、四回転を跳ぶのはとても簡単なのだと思える」〜その①〜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2280-e1e74ee0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </