あれこれ 2017/04/21 ミハイル・コリャダー「この国別対抗戦で、シーズンの良いピリオドが打てた」

あれこれ

2017/04/21 ミハイル・コリャダー「この国別対抗戦で、シーズンの良いピリオドが打てた」

http://www.fsrussia.ru/news/2959-mikhail-kolyada-na-etom-turnire-postavil-khoroshuyu-tochku-v-sezone.html

 

2017/04/21 ミハイル・コリャダー「この国別対抗戦で、シーズンの良いピリオドが打てた」

 

ミハイル・コリャダーは、日本の国別対抗戦での自分のパフォーマンスについてコメントした。

 

「今日は良い感触だ。計画していたことが、四回転ルッツ以外ほぼ全て出来た。ルッツは少しだけ足りなかった。でも心配ない  来シーズンは全てが問題無く行くだろう。新しい練習方法が、安定性を向上させてくれることを願っている・・・

 

全体としてこの大会を、シーズンの良い、肯定的なピリオドを打てた試合として評価している。来シーズンは全てを新たに、初めから始めなければならない・・・

 

シーズンは基本的に良いものとなった。飛揚も下落もあったが、全体としては全てが問題無く行った。今後さらにもっと練習しなければならない。僕の目標はオリンピックに選出されることで、それが叶えば、オリンピックで良い演技をすることだ。

 

既に新プログラムの用意もアイディアもある。二つのプログラムとも変えるのは確かだ。フリーでは四回転サルコウを入れ、四回転ルッツを安定させなければならない。ショートに関しては、四回転を何度やるか、コーチと話し合わなければならない。しかし、いずれにしても練習はしなければならない」。ミハイル・コリャダーはこのように語った。

(タチヤーナ・フレイド)

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/04/22(土) 23:48:00|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017/04/22 アレクサンドル・コーガン「国別対抗戦の難しさは、全ての選手の手に負える訳ではない」 | ホーム | 2017/04/21 ミハイル・コリャダー「日本で滑るのは二回目だから、遥かに容易だった」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2286-c284a447
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)