あれこれ 2017/04/25 ダニイル・グレイヘンガウス「アンナ・シェルバコーワとアレクサンドラ・トルーソワは、来シーズンのフリープログラムに1本ずつ四回転ジャンプを入れる予定」

あれこれ

2017/04/25 ダニイル・グレイヘンガウス「アンナ・シェルバコーワとアレクサンドラ・トルーソワは、来シーズンのフリープログラムに1本ずつ四回転ジャンプを入れる予定」

http://sport-inside.org/?p=17110

 

2017/04/25 ダニイル・グレイヘンガウス「結局、アンナ・シェルバコーワとアレクサンドラ・トルーソワは、来シーズンのフリープログラムに1本ずつ四回転ジャンプを入れる」

 

プレオリンピックシーズンは終了した。しかしスケーターたちは、既に全力で新シーズンに向けて準備を進めている。そこでは、新しい難度の高いエレメンツで驚かせる選手もいる。エテリ・トゥトベリーゼのグループでのプログラムの技術的準備について、グループのコーチ、振付師ダニイル・グレイヘンガウスが、ポータル「内側からのスポーツ」編集長アレクセイ・ズバコーフに語った。

 

「フィギュアスケートは現状に止まってはいない。僕とエテリ、それにセルゲイ・ドゥダコーフは、そのことを十分解っているので、シーズン中からさまざまな四回転ジャンプをスケーターたちと練習して来た。

 

現時点でアンナ・シェルバコーワは四回転トウループを、アレクサンドラ・トルーソワは四回転サルコウを見せたが、僕たちはさらに、アレクサンドラとトリプルアクセルと四回転トウループを、アンナとは四回転ルッツを学んでいる。

 

男子たちも同様に、難しいジャンプを練習しており、14歳のアルチョム・フロローフはトリプルアクセルと四回転トウループを既に跳んでおり、サルコウは完成が近づいている。アレクセイ・イエローホフは、トリプルアクセル、四回転トウループ、四回転サルコウを跳んでおり、四回転ルッツをシーズンの終わりまでには見せられるよう願っている。

 

アンナ・シェルバコーワとアレクサンドラ・トルーソワは、結局のところ、来シーズンのフリープログラムには1本ずつの四回転ジャンプを組み込むが、今後合宿で、どれくらいこれが成功するかを見て行くつもりだ」。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/04/27(木) 00:26:48|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017/04/25 羽生結弦が2016/17シーズンで達成したもの | ホーム | 2017/04/25 イリヤ・アヴェルブーフ「メドヴェージェワは四回転トウループを学ぶ必要はない、ライバルたちがやっていないのだから」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2292-4fbb9b3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)