あれこれ 2017/05/05 エテリ・トゥトベリーゼ「リプニツカヤは、私のところには決して戻らないでしょう」

あれこれ

2017/05/05 エテリ・トゥトベリーゼ「リプニツカヤは、私のところには決して戻らないでしょう」

http://rsport.ru/interview/20170505/1120015384.html

2017/05/05 エテリ・トゥトベリーゼ「もし教育をスポーツに投影すれば、規律が出来る」〜その⑤〜

====一部抜粋====

(アンドレイ・シモネンコ)
—次は用心しながらの質問です。単純なテーマではありませんからね。しかしながら、既に二人の人間が私に言ったのです。ユーリヤ・リプニーツカヤがあなたのところへ戻る可能性がある、と。

エテリ・トゥトベリーゼ:「いいえ。リプニーツカヤは私のところには決して戻らないでしょう。300パーセント — 彼女はこの一歩を踏み出さないでしょう。彼女が去ってもう随分経ちました・・・それに、私が変わらないことを彼女は分かっています。働かなければなりません。彼女が働かないとしたら、何のために私は彼女を引き戻すのですか? 端役を務めるため? しかし彼女は、グループ内の選手にならなければならないような女子選手ではありません」。

—あなたから去ったアスリートたちは、誰も戻りませんでした。戻りたいという願いはなかったのでしょうか?

「願いはありました。しかし、皆それぞれのやり方で去ったのです。もし知られているアスリートたちについて話すとすれば・・・

アジヤン・ピトケーエフ – 出て行ってから、別れのことばを私と交わすためにわざわざやって来た唯一のアスリートです。花束をプレゼントしてくれました。そして泣き出した。彼の涙を見て、私も泣き出しました。でも彼に尋ねました — なぜ泣いているの? 彼は答えました:『僕はあなたが気の毒なのです。何年も僕のために無駄骨を折って』。私は彼に言いました。『いいえ、アジヤン。私に同情する必要なんて全く無いわよ』。

ユーリヤ・リプニーツカヤ – 去った後ある時、彼女は私に手紙をくれました・・・でも去った時はこんな風でした:リンクの校長室で彼女はこれを告げたのです。しかし、私はこの時迄に、既に全てを理解していました。グランプリフランス大会があって、彼女はそこへセルゲイ・ドゥダコーフと一緒に行ったことを覚えていますか? インターネットのフォーラムでは、私が彼女と一緒に試合に出かけなかったとすれば、私はユーリャを『追い出す』らしい、と書かれました。

しかし、そうではなかったのです。私が彼女と一緒にボルドーに行かなければならなかったことは、議論の余地もない当たり前のことでした。それどころか、フランスに不動産を持っていた私の姉妹は、一緒に散歩しておしゃべりをするために、私たちとこれらの日々のいずれかの時に出かける用意もしていたのです。私は既にチケットも買っていました。

しかし、連盟から電話があり、言われました:『エテリ、ユーリャがセルゲイ・ヴィクトロヴィチ・ドゥダコーフと行くことをわれわれに頼んで来た』。この時ユーリャは練習中で私の前で滑っていたのです。もちろん、もし彼女が第2コーチと一緒に行きたいのなら、それはそれで良いのです。しかしなぜ、彼女は私のところに来て、このことを直接私に頼めなかったのでしょうか? 私が連盟に電話をして、ユーリャの願いを伝えられたでしょう。そして彼女はドゥダコーフと一緒に出かければ良かったのです。それなら何も問題なく、正しいやり方でした。

ですからいずれにしろ私はユーリャのやり方を拒否しませんでしたが、今後の道は全くあり得ないことは私には分かっていました。連盟を通して大会の遠征から私を外した時点で、もう終わりでした。その後のことは、既に私が話したように、校長室に呼ばれて、花束を贈られ、感謝のことばを言われました。

そしてきっかり10分後に、連盟のサイトに、ユーリャが私から離れたとの発表がupされました。さらに1時間後には、別の版で彼女の新しいコーチ、アレクセイ・ウルマーノフのインタビューが載った巨大記事でした。私以外の全ての人たちがこのことを知っていたということになります。それは正しいことではなかったと私には思えます。少なくとも私たちはある年月を一緒に過ごし、何らかのメダルを獲得したのです・・・もちろん、私は残念な気持ちでした」。

セルゲイ・ヴォーロノフ - リンクで私は彼を見ませんでした。彼の母親が書類を持って来ました。またしてもすぐにインタビューが出て、そこから私は、彼がインナ・ゴンチャレンコのところへ移ったことを知りました。今は挨拶をしますが、初めの年は、大会では挨拶もせずに離れて行きました。何故? それは美しい行為ではないでしょう。

私のところにアスリートと彼らの両親が来る時には、移籍の理由を質問します。両親が以前のコーチについて不平を言い始める時が私はとても好きではありません。だってそれは、要するに、次はあなたのことも不平を言うということですから。私は常に彼らに言います ー 前のコーチと挨拶をしなければならない、彼に全てを感謝すべきだと! 彼はあなたにスポーツ人生を与えてくれ、何かを教えてくれた。私があなたを採用するとしたら、それはあなたが良いアスリートだからで、あなたの中に前のコーチの功績があるからだ! 花も贈らないでただコーチから去ってはいけない。最低限目を見て、しかるべきことばを探し当てるべきだと」。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/05/10(水) 04:06:00|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017/05/05 エテリ・トゥトベリーゼ「かつてメドヴェージェワを氷上に転がしたが、今は別の方法がある」 | ホーム | 2017/05/05 エテリ・トゥトベリーゼ「四回転ジャンプを『王座につかせる』必要はない」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2307-045ad3ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)