富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2017/05/30 エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ「オリンピックシーズンは出来るだけ落ち着いて過ごさなければならない」

あれこれ

2017/05/30 エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ「オリンピックシーズンは出来るだけ落ち着いて過ごさなければならない」

https://www.sports.ru/figure-skating/1051703017.html
http://www.fsrussia.ru/intervyu/3002-elizaveta-tuktamysheva-andrej-lazukin-v-kakom-by-sostoyanii-ni-byl-sportsmen-on-dolzhen-vykhodit-i-delat-i-borotsya.html

2017/05/29 エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ、アンドレイ・ラズーキン「どのような状態の時でも、アスリートは出て行って、仕事をし、戦わなければならない」〜その①〜

====一部抜粋====

(オリガ・エルモーリナ)
ロシアのフィギュアスケーター、エリザヴェータ・トゥクタムィシェワは、オリンピックシーズンのための新プログラムの取り組みについて語った。

「オリンピックシーズンのプログラムを作るとしたら、それは最高の — ひたすら夢のような光景!でなければならない、などという気持ちになる必要はありません。気に入った音楽を滑れば良い。完全に落ち着いて仕事にアプローチすることです。

アスリートたちが、私自身の選手生活での例も含めて犯すミスの一つは、オリンピックシーズンは何か特別なものであると思い、もし何か特別なことが出来なかったら、全ては大惨事だ!などと考えることです。それは逆で、オリンピックシーズンは安定した滑りに重点を置きながら、出来るだけ落ち着いて過ごす必要があるのです。

今年アレクセイ・ニコラエヴィチ・ミーシンとタチヤーナ・ニコラエヴナ・プロコフィエワは、合宿に振付師のアダム・ソリャを招待しました。彼の母親はハンガリーの人で、アダム自身はベルギーに住んでいます。彼は非常に興味深い人です。彼と一緒に仕事をすることが気に入りました。一番初めから私たちのアイディア、見解が一致しました。彼の全ての動き — 身体のことば、ジェスチャーが私には理解出来ました。

彼が思っただけのことを、私は既に彼の考えを声に出して言った、ということがありました。振付師とアスリートがこれ程繊細にお互いを感じ合うということは稀なことです。しかし、アダムはまさにそのような人でした。彼が作った二つのプログラムは良く出来たと感じています」。

—プログラムの音楽は誰が選んだのですか?

「コーチたちは私を非常に良く知っていますから、彼らが提案したものを私は気に入るのです。今回もそうでした。

一つはタンゴで、現代的スタイルです。ショートプログラムのためにタチヤーナ・ニコラエヴナが提案しました。もう一つのクラシックのものはアレクセイ・ニコラエヴィチがフリーのために見つけました。しかし、私たちがフリーを作り始めた時、私はこれら全てをミックスすることを決心しました。結果として、内容の充実した、多様な、興味深いプログラムになりました。

ショートプログラムの音楽に関しては、このようないきさつがありました。最初一つの案がありましたが、私は特別気に入った訳ではありませんでした。なぜならショートもフリーも、スタイルが似ていました。私は何かフランスのメロディを採用したかったのです。

するとある夜、アレクセイ・ニコラエヴィチが音楽を手渡し、聞いてみるようにと言いました。それはまさに私が望んでいたものでした。すぐに答えました:『あなたは私の考えをまさに読んでいますね』。そして文字通り一日で私たちはプログラムを作りました。そしてその後は、合宿の間、その仕事に取り組みました」。トゥクタムィシェワはこのように語った。

文:マリーヤ・アレクサンドロワ /出典:ロシアフギュアスケート連盟

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/05/31(水) 03:43:00|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017/05/31 アレクセイ・ミーシン「トゥクタムィシェワがもう一度、フェニックスのように私たちの前に現れることを願っている」 | ホーム | 2017/05/26スヴェトラーナ・ソコロフスカヤ「イワン・リギーニは、サマーリンの良いスパーリングパートナーになる」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2328-5cb3acab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </