あれこれ 2017/08/28 アレクセイ・ミーシン「来たるべきシーズンは、エリザヴェータ・トゥクタムィシェワにとって決定的なシーズンとなるだろう」

あれこれ

2017/08/28 アレクセイ・ミーシン「来たるべきシーズンは、エリザヴェータ・トゥクタムィシェワにとって決定的なシーズンとなるだろう」

http://www.fsrussia.ru/intervyu/3022-aleksej-mishin-programma-bez-chetvernykh-pryzhkov-vse-ravno-chto-sup-iz-topora.html

2017/06/28 アレクセイ・ミーシン「四回転ジャンプの無いプログラムは、即席スープのようなもの」〜その①〜

====ロシアフィギュアスケート連盟公式サイトより一部抜粋====

(オリガ・エルモーリナ)
—アレクセイ・ニコラエヴィチ、来たるべきシーズンに向けてのあなたの生徒さんたちの準備状況はいかがですか? リーザ・トゥクタムィシェワはどのような状態ですか?

「リーザは今、存在出来るか、あるいは存在出来ないか、という状況にある。来たるべきシーズンは、彼女にとって決定的なシーズンとなるだろう。リーザの二つの新プログラムは、興味深く、鮮やかで、それらは良いコンテンツによって最も難しい課題が解決出来るものとなっている。

他の女子選手については、ソーニャ・サモドゥーロワの進歩がわれわれを喜ばせている。新シーズンには彼女は良いアスリートとしてばかりでなく、アーティストとしての面も見せてくれるだろう。

アリーナ・ソロヴィヨーワは、身体的コンディションを徐々に回復しつつある。彼女はロシアフィギュアスケート界で最も柔軟性がある女子選手の一人だろうと私には思える」。

—男子たちは。

「お判りだろうが、コーチは生徒たちの何らかの肯定的なものを常に見なければならない。そうでなかったら、前進しても全ての意味を失う。という訳で、われわれの男子シングルスケートを見て、生徒のプラス面を指摘したい。

私の見るところ、ロシア代表チームの最も安定的スケーターとしてサーシャ・ペトローフに褒美をやることが出来ることを、ここ数シーズンの競技会は物語っていると思う。ペトローフには、スポーツに必要な素晴らしい特質がある:試合で、自分が出来ることを見せられるのだ。もし、アスリートがこの資質を持っていなかったなら、コーチの全ての努力は水泡に帰すことになる。サーシャ・ペトローフは、出来るものは試合でも出来るのだ。

アンドレイ・ラズーキンについて、彼の肯定的面を語るとすれば、外見的にアンドレイは、最もエレガントで均斉がとれたフィギュアスケーターの一人であり、彼の解剖学的データーは、フィギュアスケーターにとっての理想的体格の概念と最も矛盾しないものとなっている。その上彼は才能のあるアスリートで、彼には軽やかなスケーティングがある。

それに今年の練習やテスト的試合のレベルで彼が四回転ループを身につけた事実を考えれば、アンドレイがロシア代表メンバーに入る見通しがだいぶ見えて来ている。

若い選手たちに関しては、多回転ジャンプへのひときわ目立った能力を持ったスケーターたちに、まず何よりも特別な注意を向けている。そのなかのリーダーは、ジェーニャ・セメネーンコと、カザン出身の若いアスリート、グレープ・セイフーリンだ。ジェーニャは競技会で既にトリプルアクセル、四回転トウループを披露し、四回転サルコウも近づいている。グレープに関しては、私はレゼダ・カディーロワと一緒に彼の能力を開かせようとしている」。

—リーザ・ヌグマーノワとペーチャ・グメンニクに関してあなたは何も話していませんね?

「この生徒たちには大きな力が注がれているし、彼らは多くを習得しているが、これらのアスリートたちに関して言うとすれば:コーチ、生徒、彼らの両親の相互関係システムが、私には不都合だった」。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/06/30(金) 02:05:00|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017/06/27 エヴゲーニヤ・メドヴェージェワは、モスクワの展覧会にアニメ風の絵を出品した | ホーム | 2017/06/28 アレクセイ・ミーシン「四回転ジャンプの無いプログラムは、即席スープのようなもの」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2359-79af8440
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)