あれこれ 2017/06/27 エヴゲーニヤ・メドヴェージェワは、モスクワの展覧会にアニメ風の絵を出品した

あれこれ

2017/06/27 エヴゲーニヤ・メドヴェージェワは、モスクワの展覧会にアニメ風の絵を出品した

http://www.fsrussia.ru/news/3021-evgeniya-medvedeva-predstavila-risunki-v-stile-anime-na-vystavke-v-moskve.html

2017/06/27 エヴゲーニヤ・メドヴェージェワは、モスクワの展覧会にアニメ風の絵を出品した

====一部抜粋====

都心の「トゥーシノ」でユニークな展覧会「オリンピックのアトリエ」が開催されている。フィギュアスケートファンは、そこで初めて二度のフィギュアスケート世界女王、ヨーロッパ女王エヴゲーニヤ・メドヴェージェワの作品 — アニメ風の絵画を見ることが出来る。

展覧会は、モスクワ市フィギュアスケート連盟の支援で2006年から行われている「スポーツ。芸術。個人」プロジェクトシリーズを継続しているもの。展覧会の管理者は、画家組合会員のアンドレイ・ウヴァーロフ。

「この展覧会でジェーニャは、画家として正式にデビューしました。これを第一歩として、今後さらに彼女の絵画への関心が本格的に高まることを期待しています」。管理者アンドレイ・ウヴァーロフはこのようにコメントした。

(訳注:出展作品は出典元を参照ください)

著名なアスリートの絵画以外に、展覧会ではフィギュアスケーターたちのコスチュームにおけるモードの回顧も行われている。19世紀初頭には、「モードとスポーツ」はコスチューム芸術家にとってアクチュアルなテーマだった。

フィギュアスケートファンたちは、オリンピックチャンピオンや、世界選手権、ヨーロッパ選手権勝利者、メダリストたちのユニークな競技用衣装を自分の目で見ることが出来る:アレクサンドル・ゴルシコーフ、アデリーナ・ソートニコワ、タチヤーナ・ヴォロソジャール、マクシム・トランコフ、ヴラジーミル・コーチン、キーラ・イヴァーノワ、アリョーナ・レオーノワ、エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ、エヴゲーニヤ・メドヴェージェワ、アンナ・ポゴリーラヤ、その他多くのフィギュアスケーターたちの衣装を。

また多くのデザイナーたちのコスチュームデザイン画も。さらにはフィギュアスケート博物館「アイス・オリンプ」館長アンドレイ・ウヴァーロフの個人コレクションから、スケーターたちの衣装の描写がある19世紀のグラビアなど。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/07/01(土) 01:17:00|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017/06/30 アリーナ・ザギートワ「私の氷上での演技を追いかけるために、祖母はコンピューターに親しみ始めた」 | ホーム | 2017/08/28 アレクセイ・ミーシン「来たるべきシーズンは、エリザヴェータ・トゥクタムィシェワにとって決定的なシーズンとなるだろう」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2360-3ef0d105
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)