あれこれ

2017/07/12 セルゲイ・ヴォロノフ「同じ轍を踏まないようにしている」〜その②〜

http://www.fsrussia.ru/intervyu/3032-sergej-voronov-starayus-ne-nastupat-na-te-zhe-grabli.html

2017/07/12 セルゲイ・ヴォーロノフ「同じ轍を踏まないようにしている」〜その②〜

====ロシアフィギュアスケート連盟公式ページのセルゲイ・ヴォーロノフのインタビュー記事より一部抜粋、前回の続き====

(オリガ・エルモーリナ)
「僕がミーシャと、よりやり易かったのは、ことばの壁が無いこと、子どもの頃からお互いを知っていること、大会でしょっちゅう顔を合わせ、彼は僕のプログラムを見ていたし、僕の可能性を知っていたことなどの面もある。だからプログラムも僕に合わせて作られた。

しかし作られたプログラムはどのようなものでも、コスチュームが着馴れるように、フィットさせなければならない。そのためには、プログラムを滑り込む必要がある。毎日の滑り込みのなかで、クリーンに、クリーンに、もっとクリーンにすべき小さな一滑りが這い出てくるのに気づくだろう。それは部屋の掃除をするのに似ている。すべてのがらくたを運び出し、整頓し、住まいに適したものにするのだ」。

—プログラムでは何本の四回転ジャンプを予定していますか?

「プランは最大限で、プログラムのなかでもう一種類の四回転を見せることだ。トウループは跳んでいる。四回転ループを試すのは面白いだろう。何故なら、それを跳んでいるスケーターはそれ程多くないから。僕にとってループは、右足から右足でやり易いジャンプだ。それを跳ぶことが出来ると、僕ははっきりと見ている。試技はやった。今それに取り組んでいるところだ。

どれ程その実行に近づいているかは言いたくないが、毎回のトレーニングでこのジャンプに向かっている。それは難しいがやらなければならない。昨シーズン試すべきだったが、やって、それを披露しようとする自信が足りなかった。練習ではこのジャンプをやって見せたが、試合で試してみることは頭に浮かばなかった。そのうちに練習もしなくなった。今は避けて通れない。しかし、安定してやるためには、それに向けて自分を準備し、導かなければならない。スケート靴を惜しみ、全ては自然にどうにかなるなどと期待してはならない。そんなことは起こらない」。

—上位の成績に到達するためには二つの四回転で十分でしょうか? それともシーズンのなかで修正するつもりですか?

「前以てこれからのシーズンのことをあれこれ議論しないという原則が僕にはある。一歩一歩前進する必要がある。先を争って何でも全てを計画に組み入れることは出来るが、それは馬鹿げている。9月にテストスケートがあり、その後グランプリ大会だ。それは大きな時間だ。半年だ。半年後に何が起こるか誰も分からないし、誰かにとっては、この時間のなかで全人生が変わるかもしれない。この半年のために明確な計画を立て、それを堅持すべきだ。何かを付け加えることが出来、何かをもっと速くやれれば、それは良い。でも、やれなかったら、ゆっくりと進むだろう。全ては身体的、心理的状態と、多くのファクターに左右される」。

—あなたにとって、四回転トウループと四回転ループを入れたプログラムを滑る主要な難しさはどこにあるのかを、具体的に説明出来ますか?

「プログラムのなかで全てのジャンプを滑らかにつないでやらなければならないというだけだ。僕の考えでは、主要な難問は、四回転ループの後の四回転トウループの入りだ。何故なら、違う足からのジャンプだからだ。違うジャンプだ — 一つはトウから、もう一つはエッジからだ。全てが上手く行くために、それらを『一つにつなぐ』のが僕の主要な課題だ」。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/07/15(土) 03:23:00|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2-17/07/13 イリヤ・アヴェルブーフ「ピョンチャンオリンピック男子シングルで、ロシア勢がメダル争いをすることはとても出来ないだろう」 | ホーム | 2017/07/12 セルゲイ・ヴォロノフ「同じ轍を踏まないようにしている」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2374-07d6c194
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)