あれこれ

2017/07/13 アレクサンドル・スミルノフ「僕とユーコは競技生活からの引退についてまだ決めていない」

https://tverisport.ru/news/aleksandr-smirnov-resheniya-o-zavershenii-sportivnoj-karery-my-s-yuko-eshhe-ne-prinyali/

2017/07/13 アレクサンドル・スミルノフ「僕とユーコは競技生活からの引退についてまだ決めていない」

====一部抜粋====
(アンドレイ・クルィロフ)
トヴェリ州スターリツキー地区の休養センター「チュカヴィノ」で、トヴェリで最も有名なフィギュアスケーター、アレクサンドル・スミルノフが、アイスダンス(ジュニア)世界選手権メダリスト、ルスラン・ジガンシンと共に、アカデミー「チャンピオン」のプロジェクトの一環として、州フィギュアスケート学校の生徒たちにマスター・クラスを行った。

—あなたのファンたちの多くは、もちろん、ユーコ・カワグチ/アレクサンドル・スミルノフ組の今後について関心を持っています。私たちは、ピョンチャンオリンピックの氷の上であなた方を見るのでしょうか? 知る限りでは、現役引退に関する発表は無かったようですが・・・

「僕たちは、この問題を検討している段階にある。もうすぐ、どのペアが去るか、どのペアが残るか、誰がどんなコンディションにあるのかがはっきりする。それに多くのことは、僕とユーコの状態に左右されるだろう。それにやはり、年齢のことは大きいし、また怪我を負いたくない。ご存知のように、僕たちがこれ迄にシーズンや重要な大会を休場したのは、突然のものも含めて、怪我によるものだった。

現在僕たちはトレーニングを続けている。しかし、自分たちのチャンスを冷静に判断しようとしている。10位のために行く価値があるだろうか? 自分自身が気分を害したくない。出場するとしたら、表彰台だけを狙う必要がある。しかし、繰り返しになるが、競技生活を終了する決断を僕たちはまだしていない」。

—しかし、見るところ、並行して、非常に積極的にコーチ活動にも取り組んでいますね。

「去年ユーコが怪我の後、回復を待っていた時に、僕は時間を無駄にしないようにと、タマーラ・ニコラエヴナ(・モスクヴィナ)をトレーニングで手伝い始めた。僕はそれが気に入ったし、子供たちや大人たちと取り組むなかで多くのポジティブな感情を得ているのは確かだ」。

—ということは、現役引退後のあなたの今後は、コーチ業と関係するともう言うことが出来ますか?

「30年間フィギュアスケートに捧げてきたのは無駄では無かった。このスポーツ種目について多くを知っている。実質的に全てを。それにコーチの役割は、僕の気持ちにピッタリ来た。この方向でさらに成長するように努めている。僕の生徒のうち全員がチャンピオンにならなくても良い。しかしフィギュアスケートのおかげで、彼らは美しく、健康に、しっかり者に成長するだろう。それも非常に重要なことだ」。

—あなたの息子さんは、もうスケート靴を履いていますか?

「彼はまだ3歳だよ(微笑)。先日、母親と一緒にスケート靴を履かせて立たせてみようとしたが、15分後には寝入ってしまった。まだ彼はあまり好きじゃないようだ」。

—それでもやはり。息子さんが、父親のように有名なスケーターになることを望んでいますか?

「スケート靴を履いて滑ることは、必ず教えると思う。ホッケースクールに入れるつもりだ」。

—若いトヴェリのフィギュアスケーターの今の世代は、あなたにはどう見えますか? あなたは、この年齢の時にボルガ河岸のスポーツ施設「ユビレイヌィー」でフィギュアスケートを学んでいましたが、ここの彼らは、あなたやあなたの同年齢者とは違っていますか?

「僕たちは、その当時は気ままに振る舞えることがもっと少なく、年上の人たちを真剣に尊敬していた。コーチのラリッサ・ニコラエヴナ・ヤーコヴレワや両親が、そのように僕たちを教育した。規律がとても厳しかったのだ。決して年上の人に逆らえなかった。今はこの点で大きな違いがある。

もしかしたら今の年代の子供たちの方がもっと才能があるかもしれない。しかし、彼らは年上の人にあまり敬意を持って接しなくなったし、自分の仕事、つまりトレーニングに対してもそれ程責任感を持たなくなった。もしかしたら、そのせいで才能が発揮出来ないでいるのかもしれない」。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/07/17(月) 00:40:00|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017/07/13 アリョーナ・サフチェンコ「オリンピックの後、1年か2年滑りたい」 | ホーム | 2-17/07/13 イリヤ・アヴェルブーフ「ピョンチャンオリンピック男子シングルで、ロシア勢がメダル争いをすることはとても出来ないだろう」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2376-7da58ae9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)