あれこれ

2017/08/29 ユリヤ・リプニツカヤは何故引退したのか。マリーヤ・ブティルスカヤの見方。

https://www.sport-express.ru/figure-skating/reviews/pochemu-yuliya-lipnickaya-zavershila-kareru-versiya-marii-butyrskoy-1301730/

2017/08/29 ユーリヤ・リプニーツカヤは何故引退したのか。マリーヤ・ブティールスカヤの見方。

(アンドレイ・シーズァキン)
フィギュアスケート女子シングルで、ロシアで最初の世界女王になったマリーヤ・ブティールスカヤは、競技生活から引退したユーリヤ・リプニーツカヤの決断を支持した。

—リプニーツカヤが競技スポーツから去る決心をしたとのニュースをどう思いますか?

「正直に言えば、フィギュアスケート界の皆には、以前からそのことが分かっていました。彼女は今年、トレーニングに取り組んでいませんでした」。

—あなたの視点では、リプニーツカヤが氷に戻るチャンスはありますか?

「チャンスは常にあります。いつだって復帰出来るし、競技スポーツに取り組むことが出来ます。しかしそのためには、やりたいという非常に強い欲求を持たなければなりません。重要なのは — モチベーションです。それが無いなら、競技スポーツに復帰することは難しいのです。例えば、私が世界選手権で勝利したのは、26歳の時です」。

—リプニーツカヤの引退は、フィギュアスケート界にとって大きな損失ですか?

「ユーリャは、わがロシアにとって非常に重要な大会であった2014-ソチオリンピックにおいて、15歳で結果を出したのですから、立派です。ましてや、それはオリンピック史上初めての団体戦だったのです。彼女はそこに出場を認可され、そしてユーリャは耐え抜きました。彼女が出来ることの全て — それは高い価値のあるものです。

彼女は小さくて、非常に立派でしたが、しかし、お分かりのように・・・人は育ち、太ります。大人になって、リプニーツカヤの滑りそのものが大きく変わりました。私は、現世界女王、ヨーロッパ女王エヴゲーニヤ・メドヴェージェワの方が遥かに気に入っています。メドヴェージェワの滑りは、非常に大きく抜きん出ています。ジャンプではなく、まさに滑りです。それは、女子シングルスケートらしいのです。

それでもやはり、ユーリャは記憶に残るでしょう。彼女は、あの小さな女の子としてファンたちの心に残るでしょう。

その後の彼女の滑りを見るのは、辛かった。同時に、表彰式に出て来なかった時、プログラムを滑り終わった後の行動が反感を招きました。アスリートは、あのような行動をしてはなりません。ですから、何か別のところで自分を探しても良いでしょう。彼女には、この先長い人生があるのですから。

リプニーツカヤは、有名になりましたし、ファンたちのなかで大きな人気があります。彼女は、他の分野で自分を探すことは簡単に出来るでしょう。ですから、彼女は完全に正しい決断をしたと思います」。

—それでもやはり、リプニーツカヤはロシアフィギュアスケートにおいて際立った人物だったのではないですか?

「もちろん彼女は — 際立った人物です。そして最も重要なことは、必要な時に、必要な状況で自分を発揮したということです。その時、彼女は自分の意志を示しましたし、自分が出来ることを披露し、自国の名誉のために戦うことを示しました。ですから、私たちは皆、彼女に感謝しなければなりません。

ソチオリンピックは、彼女のスターの時となりました。そしてこの時は、非常に美しいものとなりました。非常に! 彼女の演技は、もちろん、私たち国民の魂に深く刻まれたのです」。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/09/08(金) 00:03:47|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017/09/07 ワレンチーナ・チェボタリョーワ「計画したことの全ての実現を願っている」 | ホーム | 2017/08/31 カワグチ/スミルノフ組は、トレーニングを続けており、ロシア選手権出場も除外していない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2437-1cd84039
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)