あれこれ

2017/09/15 アレクセイ・ミーシン「全員に勝ちたいという望みが、トゥクタムィシェワに災いした」

https://rsport.ria.ru/figure_skating/20170915/1125795877.html

2017/09/15 アレクセイ・ミーシン「全員に勝ちたいという望みが、トゥクタムィシェワに災いした」

9月15日、R-Sport、アナトーリー・サモフヴァーロフ。
イタリアでのフィギュアスケート「チャレンジャーシリーズ」ロンバルディア・トロフィー大会で、女子シングルスケート2015年世界女王エリザヴェータ・トゥクタムィシェワに災いをもたらしたのは、最大限の成績に到達したいという欲だったと、コーチのアレクセイ・ミーシンがR-Sportに語った。

トゥクタムィシェワは、イタリア、ベルガモでのロンバルディア・トロフィー大会で、二つのプログラムの合計184.75ポイントを獲得し、6位だった。彼女は、ショートとフリーのどちらのプログラムでもトリプルルッツが成功しなかった。イタリアで勝利したのは、ロシアの15歳、アリーナ・ザギートワだった。ミーシンのもう一人の生徒、イタリアのカロリーナ・コストナーは、3位(198.36)だった。

「ソチでの合宿の後、リーザは非常に良いコンディションにある。全員に勝ちたいという欲が、二つのエレメンツを失うことにつながった」。ミーシンは電話で語った。

「しかし、失敗の滑りにもかかわらず、リーザがコンポーネンツの非常に高い点数を得たことを私は喜んでいる。このことは、今年の二つのプログラムが、鉱脈を掘り当てたことを物語っている」。

「カロリーナに関して言えば、彼女はプログラムのコンテンツの難易度を、初めから過度に引き下げたものを滑ったが、それは計画的に予定されたものだった。しかし、表彰台に乗るという課題を解決することが出来た」。コーチはこのように付け加えた。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/09/20(水) 00:33:48|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017/09/20 ワレーリヤ・ミハイロワがグランプリモスクワ大会に出場する | ホーム | 2017/09/16 アリーナ・ザギートワは、エヴゲーニヤ・メドヴェージェワに挑戦状を投げた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2451-5287eb82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)