あれこれ

2017/10/05 エヴゲーニー・ルカヴィーツィン「アリーエフはモスクワで治療しているが、並行してCSKAのリンクで練習している」

https://rsport.ria.ru/figure_skating/20171005/1126758366.html

2017/10/05 エヴゲーニー・ルカヴィーツィン「アリーエフはモスクワで治療しているが、並行してCSKAのリンクで練習している」

モスクワ、10月5日、R-Sport、アンドレイ・シモネンコ。
2017年世界ジュニア準チャンピオン、ロシアのフィギュアスケーター、ドミートリー・アリーエフは、怪我の後、モスクワで治療を行っているが、それと同時にCSKAのリンクで氷上練習も行っていると、コーチのエヴゲーニー・ルカヴィーツィンがR-Sportに語った。

アリーエフは今シーズン、シニアに移行し、9月9〜10日に行われたロシア代表チームのテストスケートに参加した。その後、18歳のアスリートである彼は、9月21〜23日にブラチスラバで行われるオンドレイ・ネペラ・メモリアル大会に出場する筈だったが、足首の炎症により欠場を余儀なくされた。

「私とジーマは今、モスクワのCSKAのリンクで練習している」。ルカヴィーツィンは電話で語った。

「CSKAのエレーナ・ブヤーノワコーチとスヴェトラーナ・ソコローフスカヤコーチには、思いやりと共存協働の素晴らしい雰囲気に対し、深い感謝を表したい。ジーマの治療は、トレーニングと組み合わせられており、処置は練習の合間や、二回目のトレーニングの後に行われている。当初の計画体制に移行しつつあり、ジーマは個々のエレメンツを既にやり始めている」。

コーチはまた、アリーエフのグランプリ大会欠場は、「全く検討されていない」と付け加えた。「われわれは、そのようなことは考えてもいない」とルカヴィーツィンは強調した。

アリーエフのグランプリシリーズ初戦は、10月20〜22日のモスクワ大会になる。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/10/07(土) 00:39:00|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017/10/06 ニーナ・モーザー「ストルボーワ/クリーモフ組は、シーズンデビュー戦でショートプログラムを良く滑った」 | ホーム | 2017/10/04 アレクサンドル・スミルノフの母親「怪我が、カワグチ/スミルノフ組の競技生活の障害となった。二人のプログラムは常に非常に難しいものだった」〜その②〜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2471-f050028c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)