あれこれ

2017/10/20 ドミートリー・アリエフ「シニアへの移行は簡単ではない」

http://tass.ru/sport/4664234

2017/10/20 ドミートリー・アリーエフ「シニアへの移行は簡単ではない」

モスクワ、10月20日、TASS。
シニアスケートへの移行プロセスは、ドミートリー・アリーエフにとって簡単ではない。これについて彼は記者たちに語った。

モスクワのスポーツパレス「メガスポルト」において、フィギュアスケートグランプリ大会第1戦が行われている。ショートプログラムの結果、アリーエフは88.77ポイントを獲得し、3位に立っている。

「全体として、僕は今日の自分の滑りに満足している。もちろん、ミスはあった。オフシーズンに非常に長いこと取り組んだ四回転ルッツを見せることが出来なかった。

今日僕には、肯定的な考えと感情がある。ただ唯一感じたことは、自分には観客へ伝えることが、まだ少し、十分ではないということだ。しかし、これはシーズン最初の試合だから、全てはこれからだ」。アリーエフはこう語った。

「僕にはもっと、試合のリズムに入り込む必要がある。もっと試合で滑らなければならない。足首の怪我は妨げにはならなかった。モスクワで治療して、足首ははるかに回復し、足の状態は30〜40%位に改善した。CSKAのチームが、僕たちを受け入れてくれたことに対して深く感謝したい」。

アリーエフは、2017年世界ジュニア準チャンピオンで、オリンピックシーズンにシニアのフィギュアスケートに移行した。「ショートプログラムが終わっただけで、まだ分からない。試合の後を見てみよう。僕たちがどのようにシニアに入ったか、何が足りないのかを分析しよう。僕自身は、それがどんなに大変だったかを見ることだろう。それは簡単ではないと思う」。アリーエフはこのように指摘した。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/10/21(土) 02:13:51|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017/10/20 ミハイル・コリャダー「自分にどんな期待がかかっているのかは、重視しない」 | ホーム | 2017/10/19 ブライアン・オーサー「羽生結弦は完全主義者で、ハビエル・フェルナンデスは常に実験している」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2491-b75bf875
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)