あれこれ

2017/10/21 ラファエル・アルチュニャーン「羽生の存在は、グランプリモスクワ大会に全く別の色彩を加えた」

https://rsport.ria.ru/figure_skating/20171021/1127515010.html

2017/10/21 ラファエル・アルチュニャーン「羽生の存在は、グランプリモスクワ大会に全く別の色彩を加えた」

モスクワ、10月21日、R-Sport、エレーナ・ジヤチコーワ。
グランプリモスクワ大会に、日本のフィギュアスケーター羽生結弦が出場していたことが、大会をまばゆい花火に変え、競技の高いレベルを保証するものとなったと、モスクワで勝利したアメリカのネイサン・チェンのコーチ、ラファエル・アルチュニャーンが語った。

チェンは、フリープログラムで羽生に負けたが、二つの滑りの合計でソチオリンピックチャンピオンに勝ち、グランプリモスクワ大会で1位になることが出来た。

「あなた方は何について言っているの? どんな勝利? どんな確信? われわれは、単に難しいものを並べようとしているが、あなた方がご覧になったように、まだあまり上手く行っていない」。モスクワで滑る前にチェンの勝利に対する確信があったかどうかという質問に答えて、アルチュニャーンは記者たちにこう語った。

「単なる勝利だが、それは嬉しい。しかし、結弦がいなかったら、この競技の色合いは全く違うものだっただろう。結弦は、ここの全てに全く別の色彩を与えているのだ」。

「だから、この勝利は・・・まあ、今日は勝利、明日は — 負け。しかし、起こっていることの色彩そのものは、それは全くスーパーなものだ。これは、何かのまばゆい花火だ。このように戦っている結弦がいて、このように戦っているネイサンがいて、私は嬉しい。そしてロシアの選手たちがいるのも良い」。アルチュニャーンはこのように付け加えた。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/10/21(土) 23:39:12|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<2017/10/19 ブライアン・オーサー「羽生結弦は、オリンピックで勝つことに焦点を合わせている」〜その②〜 | ホーム | 2017/10/20 ラファエル・アルチュニャーン「オリンピックは、より賢い者が勝つ」>>

コメント

Re: タイトルなし

あいきょ 様

当ブログにお立ち寄りいただきましてありがとうございます。
ご紹介して頂けるとは、ありがとうございます。
当グログからと記載いただければ、いつでも自由にお使いください。
どうぞ、よろしくお願いいたします。 asappo

> asappo様、
>
> 初めまして。ステキな記事の翻訳本当にありがとうございます。
> 当方のブログで紹介させていただきたいため、リンクを貼らせていただいてもよろしいでしょうか?
  1. 2017/10/23(月) 02:05:38 |
  2. URL |
  3. asappo #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2494-1e4d0440
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)