あれこれ

2017/11/12 セルゲイ・ヴォロノフ「困難は誰かをくじくが、一方で誰かを鍛える」

http://www.fsrussia.ru/intervyu/3353-sergej-voronov-trudnosti-kogo-to-lomayut-a-kogo-to-zakalyayut.html

2017/11/12 セルゲイ・ヴォーロノフ「困難は誰かをくじくが、一方で誰かを鍛える」

====一部抜粋====

(タチヤーナ・フレイド、大阪)
ロシアのフィギュアスケーター、セルゲイ・ヴォーロノフは、グランプリ日本大会で勝利した。競技の後彼は、自分の経験した困難が彼を良い意味で鍛錬したと打ち明けた。

—セルゲイ、NHKトロフィーで勝利してどんな気持ちですか?

「今はただ疲れている。他の気持ちは無い。もちろん、大会で優勝して幸せだ。練習の後では、多くのさまざまな考えが頭に浮かんだ。練習から戻りながら、これは良い仕事だったとは思っても、その時は昼間で、僕には簡単ではなかった。しかし、氷に出ると、観客のお陰で集中することが出来た。良い滑りをした。1位 — それは嬉しい。

僕はついに、実質全てのエレメンツでプラスを貰うことが出来て嬉しい、特にジャンプで。指摘しない訳にはいかないことは、僕は日本で滑るのは人生で2回目だが、ロシアでさえ僕個人をここでのようには受け入れてくれない。日本のパスポートを申請しようかとさえ思うくらいだ。真面目な話をするとすれば、(羽生)結弦が怪我をして大阪で滑ることが出来なかったにもかかわらず、こんなにもの人たちが大会を見にやって来たことは、本当に素晴らしいことだ。ほぼ満員の会場で滑ることは、いつだって嬉しい。

ついでに言えば、僕は前にも大阪に来たことがあるので、ここにはもうホームに帰るようにやって来る。今回は既に少し街を散歩することも出来た」。

—本当に、あなたの多くのエレメンツがプラスを得ました。このような快適なパフォーマンスはどこから沸いてきたのですか?

「僕ならこう言うだろう:困難は誰かをくじくが、一方で誰かを鍛えると。今回のケースでは、僕が経験した困難は、良い意味で僕を鍛錬した。何度も、何か他のことに取り組みたいとか、ただ降参したいと思ったし、実際その可能性もあった。しかし、僕はそれをやらなかった。そして今日起こったことに僕は喜んでいる。すなわち、僕が経験、体験したことは、僕を少しだけ、より良いものにしたということだ」。

—今回は、グランプリ大会でのあなたの最初の金メダルでしたが、これはあなたにとってどのような意味を持っていますか?

「いかなるメダルも不撓不屈の努力と、困難の克服によって得られる。今シーズンは僕にとって特別なものだ。何故ならシーズン開始時が困難だったから。良いことも、悪いことも、いろいろなことが沢山あった。しかし、妨げになったもの全てが、僕を鍛えた。このメダルは — 僕の功績だけでなく、僕の味方でいてくれた人たちの功績でもある。どのような状況の時もあなたを心から信じ、損得に関係なく応援してくれる人たちがいることは、とても大事なことだ」。

—何人かの選手たちが、さまざまな理由でこのグランプリを欠場しました。この観点からは、あなたはご自分の勝利をどう評価しますか?

「勝者は裁かれないということばがある。1位 — それは非難されるものではない。この試合で僕は自分に勝ち、強いライバルたちに勝利した。何故なら、もしあなたがランキングを見てみれば、このグランプリに出場したアスリートたちが世界ランキングの10位以内に入っているのが分かるだろう。10位以内というのは、彼らが四回転を跳ぶか跳ばないかに関係なく、決して後方の選手たちではない。グランプリ大会には、そもそも弱いライバルたちはいないのだ。

結弦に関して言うとすれば、怪我が出来るだけ軽いものであるように彼の健康を祈っている。選手がこれ程の四回転を跳ぶ場合、常にリスクが存在する。僕は、結弦が出来るだけ早期に回復するよう祈りたいし、彼がここで滑れなかったことは、純粋に人間として残念だ」。
・ ・・
—あなたのショートプログラムのコスチュームは面白いですね。あれを作るアイディアは誰のものだったのですか?

「僕が信頼している人のアイディアだ。ショートプログラムはアルゼンチンタンゴだし — 赤と黒はアルゼンチンの色だが、その後は、想像力を十分に持ち合わせている各人が勝手にいろいろ考えている。重要なことは、コスチュームが体にしっくりしているかということだ。僕はこのコスチュームを着て、気分は悪くない。これが出来上がるのを僕は長いこと待っていた。だから、自分の新しいコレクションを日本の大会で発表出来て嬉しい」。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/11/13(月) 01:13:00|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<2017/11/12 エヴゲーニヤ・メドヴェージェワ「ミス無しで滑ることは、大きな値打がある」 | ホーム | 2017/11/11 イリヤ・アヴェルブーフ「メドヴェージェワは、シーズンが進むなかでミスから脱するだろう」>>

コメント

asappo様
こんばんは。

羽生選手の怪我はファンとしてはとてもショックな出来事でした。
それでも会場に足を運び、全ての選手の応援に行って参りました。
ヴォロノフさんは何の気負いもなく4回転のコンビネーションを成功させ素晴らしい演技を見せて下さいました。

またこちらのお記事を私のブログでご紹介させていただきたいと思います。
いつも通り出典元を明記させていただきますね。
どうぞこれからもよろしくお願いします。
  1. 2017/11/14(火) 23:37:29 |
  2. URL |
  3. セブン #uxYHNhu6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2515-7e212063
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)