あれこれ

2017/11/12 フョードル・クリーモフ「これからは、もっと自信がつくだろう」

http://fsrussia.ru/intervyu/3357-fedor-klimov-teper-u-nas-budet-bolshe-uverennosti.html

2017/11/12 フョードル・クリーモフ「これからは、もっと自信がつくだろう」。

(タチヤーナ・フレイド、大阪)
ロシアのペア、クセーニヤ・ストルボーワ/フョードル・クリーモフ組は、大阪で終了したグランプリ日本大会で銀メダリストになった。試合の後フョードル・クリーモフは、この試合が彼らにとってどれ程重要なものになったかを語った。

—フョードル、あなた方は大阪の大会で二つのプログラムを立派に滑りました。どのようにしてこのような結果に至ったのですか?

「何も特別なことはしなかったが、ただ練習した。これの前の試合までに僕たちは準備が出来ていたが、プログラムをクリーンに滑るには不十分だった。今はコンディションが整って、それをやれることを理解していたし、見せることが出来た」。

—前の試合の時のミスを、あなたは偶然だと言いました。

「そうだ、なぜなら、練習では全て問題なかったから。しかし、競技会に出てみると、何らかの偶然が顔を出した。しかし、こういったことの全ては、いつかは終わるべきものだった」。

—あなた方にとって、クリーンな滑りはどれ程重要だったのですか?

「重要だ。このことは頭の中に常にあって、それの考えが離れなかった。考えないようにしても、結局、何故クリーンに滑れないのかと模索していた。日本のグランプリが終わって、これからはもっと自信がつくだろう」。

—日本のグランプリで、あなた方は3-3のコンビネーションジャンプを跳びました。

「そう、僕たちはそういう計画を立てたのだ。グランプリファイナルに向けてその準備をし、日本では、ファイナルまでに準備が整うように試してみるということだった。僕たちはこのコンビネーションジャンプをどこかに『片付け』て、仕舞った訳ではなかったのだが、ただ初期の大会ではクリーンな滑りを目指して仕事をしたかった。しかし、なったようになった。

このグランプリの後僕たちは、これからもこのような準備を継続しなければならないという、自分たちにとって大事な結論を出した。僕たちはいくつかのエレメンツでレベルを失い、そのせいでいつもよりも点数が下げられた。このことを詳しく見て、何に原因があったのかを理解しなければならない。そして仕事を続けなければならない」。

—あなた方はファイナルに行かなければなりません。オリンピックシーズンにそれは、あなた方にとってどれ程必要なのですか?

「それは重要だ。あるアスリートたちは、出来るだけ力が残るようにと、オリンピックシーズンに幾つかの競技会をわざと欠場すると言っている。僕たちはそれをしない。僕たちは全てのこれらの大会も、ファイナルに選抜されることも計画していた。この目標をやり切ったことは、自分たちにとって非常に重要だ。僕個人は、これをとても望んでいた。昨シーズン僕たちはグランプリシリーズを欠場したのだから、今年ファイナルに行くことは、名誉だ」。

—ファイナルの前に、プログラムや準備に何らかの変更はありますか?

「エレメンツでは、特に何も変えないだろう。3-3-2のコンビネーションジャンプは続けて練習するし、エレメンツ、ツイスト、その他のものも向上させる。つまり、同じ方向で仕事を続けるということだ」。

—ありがとう。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/11/16(木) 01:03:54|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017/11/12 クリスチーナ・アスタホワ/アレクセイ・ロゴノフ「達成感がある」 | ホーム | 2017/11/12 ポリーナ・ツールスカヤ「私にとってこの銅メダルは、非常に大きな成功」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2518-89d443e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)