FC2ブログ

あれこれ

2018/03/30 アレクサンドル・ラケールニク「フィギュアスケートはどう変わるか」〜その③〜

http://tass.ru/opinions/interviews/5078235

2018/03/30 アレクサンドル・ラケールニク「フィギュアスケートはどう変わるか」〜その③〜

====一部抜粋====

(ヴェロニカ・ソヴェートワ)
—四年のオリンピック周期が、ミラノの世界選手権で終了しました。世界選手権の結果を持って今期の結果を判断出来るのですか、だってオリンピック後の大会はいつも孤立した感じでした。

アレクサンドル・ラケールニク:「確かにオリンピック後の選手権は、いつも独特だ — 多くのアスリートたちのコンディションは低下している。そんなに長期にわたってコンディションを維持していることは難しいからね。その上、オリンピックと世界選手権の間の期間に、皆が皆、ずっと通常の練習が出来る訳ではない」。

—しかし、アスリートたちはそれでも世界選手権に行かなければならない。

「もちろんだ。だってそれは世界選手権のメダルのみならず、次の大会の出場枠を決めることでもあるからだ。アスリートたちは、自分の国のためにそれをやらなければならない。それはロシアだけの話ではない。例えば日本の宇野昌磨は、ミラノで怪我を押して、健康とは程遠い状態で滑った訳だが、男子競技で最大の3枠を日本にもたらした。彼が滑らなかったら、日本は2枠になる可能性もあった。ミハイル・コリャダーとドミートリー・アリーエフのパフォーマンスのおかげで、ロシアも今度は3枠だ」。

—同様にロシアは、ペアと女子シングルで3枠ずつ獲得しましたが、アイスダンスだけはそれが叶いませんでした。

「ペアスケートでの選手権は、ロシアにとっては十分に成功だった。2位、4位、7位は、非常に良い結果だ。多分それ程期待されてはいなかった。だってオリンピックでの滑りと結果は、それよりも若干悪かったのだから。だから、ペアスケートにおけるシーズンは、様々な保留条件はあるにせよ、成功だったと言える」。

—しかし、ロシアのアスリートたちは常に1位を目指して来ました。

「第一に、そのためにはプログラムを非常に慎重に選ばなければならない。例えばタラーソワ/モローゾフ組のショートプログラムは『行け! 行け!』だったし、あのプログラムで誰とでも競うことが出来た。しかしフリーは、あれをクリーンに滑るには、あまりにも難しかった。その上、あのプログラムは観客に強い印象を残さなかった。

第二に、全てのエレメンツをミスなく滑らなければならない。確かにロシアのペアたちは悪い滑りではなかった。しかし、全てのペアにミスが出た」。

—それではドイツペアのオリンピックチャンピオン、アリョーナ・サフチェンコ/ブリュノ・マッソ組のフリープログラムをあなたはどう評価していますか?

「あのプログラムは、彼らのマイナス面を隠し、プラス面を強調している。だってあのペアは結成されて日が浅いし、二人の『ユニゾン』に関しても、マッソの滑りに関しても問題がある。正直言って、アリョーナの滑りの方が良い。しかし、これら全てが、プログラムのおかげで隠され、表面には、GOEの大きなプラスで実行されたエレメンツのみが見える。すごいエレメンツが観客やジャッジたちに強く印象に残るのは明らかだ」。

関連記事
スポンサーサイト



  1. 2018/04/12(木) 00:10:00|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2018/04/19 ポリーナ・ツールスカヤ「決してあきらめてはいけない」 | ホーム | 2018/03/30 アレクサンドル・ラケールニク「フィギュアスケートはどう変わるか」〜その②〜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2557-8c3e2003
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)