FC2ブログ

あれこれ

2018/11/04 イリヤ・アヴェルブーフ「羽生に勝つことは現実的ではないが、しかしコリャダーはヘルシンキで2位になれた筈だ」

https://rsport.ria.ru/figure_skating/20181104/1145416170.html

2018/11/04 イリヤ・アヴェルブーフ「羽生に勝つことは現実的ではないが、しかしコリャダーはヘルシンキで2位になれた筈だ」

モスクワ、11月4日、RIAノーヴォスチ、エレーナ・ジヤチコーワ。
ロシアのフィギュアスケーター、ミハイル・コリャダーが、二度のオリンピックチャンピオン羽生結弦とヘルシンキでのグランプリ大会で戦うことは難しかっただろうが、しかし、彼はフィンランドで2位になることは出来た筈だと、オリンピック銀メダリスト、振付師のイリヤ・アヴェルブーフがRIAノーヴォスチに語った。

2018年世界選手権銅メダリストのコリャダーは、グランプリヘルシンキ大会で4位になった。羽生は、ショートプログラム、フリープログラム、そして二つの滑りの合計点で三つの世界記録を打ち立て、勝利した。コリャダーをほぼ60点上回った。

「もちろん、われわれはコリャダーにもっと期待していた。彼はこれに先立った二つの試合で、もっと良いパフォーマンスを披露していた。4位は、ファイナルに進出する彼のチャンスを非常に難しくはしたが、何も致命的なことが起こった訳ではない。

もちろん、現時点で羽生と戦えるのは、羽生自身だけだと私は思う。しかし、チェコのミハル(・ブジェズィナ)が占めた2位に関して言えば、ミーシャが完全に手が届くものであったし、われわれが彼にそれを期待したのは絶対に当然だった」。アヴェルブーフは電話で語った。

「しかし、シーズンの重要な試合は — それはヨーロッパ選手権であり、世界選手権だ。ファイナルでロシアが代表権を持つためには、ジーマ(ドミートリー)・アリーエフも自分のグランプリ大会でより成功した滑りを見せられるよう期待しよう。また、グランプリロシア大会でのミーシャ・コリャダーをも応援しよう。ただ、そこでもまた羽生が出場するだろうが」。専門家である彼はこう強調した。

アヴェルブーフの考えでは、コリャダーが競技会でジャンプエレメンツを上手く実行出来ない原因を解明するのは難しいということだ。「ジャッジたちはミーシャを非常に高く評価している(訳注:特にパーソナルコンポーネンツで)。それに彼は既に経験豊富なアスリートであり、世界選手権メダリストだ。彼は既にステータスを持つフィギュアスケーターなのだ。

だから、この原因はもう内面の心理的なものだと、私は感じる。ミハイルに何が起きているのかを言うことは出来ない。だって、彼は非常に才能に恵まれたアスリートだし、彼とコーチのワレンチーナ・チェボタリョーワは、非常に効果的に働いているのだから。

しかし、繰り返すが、シーズンでまだ何も失われた訳ではなく、何のひどいことが起こった訳でもない」。イリヤ・アヴェルブーフはこのように語った。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/11/05(月) 01:40:00|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2018/11/04 エレーナ・ブヤーノワ「羽生が尊敬されるのは、彼が楽な道を行かないからだ」 | ホーム | 2018/10/30 アレクセイ・ミーシン「トゥクタムィシェワのエキシビションは、大体私のアイディア」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2602-9b7a3880
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)