富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2014/02/25 エテリ・トゥトベリーゼ「ユリヤ・リプニツカヤは、記者たちの『襲撃』から家族を守ってくれるよう連盟に頼んだ」

あれこれ

2014/02/25 エテリ・トゥトベリーゼ「ユリヤ・リプニツカヤは、記者たちの『襲撃』から家族を守ってくれるよう連盟に頼んだ」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/158218498.html

2014/02/25 エテリ・トゥトベリーゼ「リプニーツカヤは、記者たちの『襲撃』から家族を守ってくれるよう連盟に頼んだ」

コーチのエテリ・トゥトベリーゼは、2014年オリンピック個人戦に向けた準備の際に、ユーリヤ・リプニーツカヤが直面した困難について語った。

—あなたはリプニーツカヤの周囲でこのような騒ぎが起きることを予想していなかったのですか。
「はい、予想していませんでした。ユーリャは、フィギュアスケート界に昨日現れた訳ではありませんし、クリーンな滑りを見せたのも初めてのことではありません。例えば、私の見方では、彼女のより良い演技というのはヨーロッパ選手権でした。でも、私たちがブダペストから帰った時には、リプニーツカヤの周りで何のセンセーションも騒ぎも無かったのです。ですから、ソチにいる時には、このような厄介な状況に陥るなど予想もしていませんでした。

私たちは、団体戦の後、正確には、フリープログラムの後に飛行機に乗り、モスクワの家に帰って休息を取った後にすぐに練習に移る予定でした。しかし、私たちはチケットを交換するはめになりました。というのも、ユーリャが表彰式に参加しなければならなかったのです。ここから、当初の練習計画が少し崩れたのです。

それ以外にも、家で私たちは、冒険小説みたいなことに巻き込まれました。ユーリャが非常出口を通って避難せざるを得なくなったり、見つからないように、フードを頭に引っ被ってリンクに忍び込んだり。もちろん、これら全ては横道に逸れた話ですけれど。

今、誰かのせいにしたり、理想的なコンディションで試合に臨めなかった、などと言うことは、正しいことではありません。個人戦に向けては、技術的にも、身体機能的にも、むしろ私たちはより良い準備が出来たのです。ですから個人戦での失敗の原因は、このようなことではなくて、彼女の心理状態にあったのです。

騒ぎと自分への過度の注目から、ユーリャはとても疲れていったのでした。彼女は、自分の家族について書き立てられたことで心にぐさっと来たのです。また、おばあさまも親戚の方々も、公的な立場にある訳ではないのに、突然、注目の的になってしまったことも苦にしていました。

ユーリャは、連盟会長のアレクサンドル・ゴルシコーフに電話してまで、記者たちの『襲撃』から自分の家族を守ってくださいと頼んだのです。言うまでもなく、これら全てが一緒になって、リプニーツカヤの気力を完全に空っぽにしたのです」。
トゥトベリーゼは、ロシアフィギュアスケート連盟オフィシャルサイトのインタビューでこのように語った。

文:アレクサンドル・チェルノーフ / 出典:ロシアフィギュアスケート連盟
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/02/27(木) 19:52:41|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2014/02/27 ペシャラ/ ブルザ、世界選手権出場。ジュベールは不参加。 | ホーム | 2014/02/26 アデリーナ・ソトニコワ「世界選手権には必ず行く」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/452-74d2fb81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </