あれこれ

2014/04/24 エレーナ・ブヤーノワ「浅田真央はママの夢を支えに生き続けた」

http://www.sport-express.ru/velena/reviews/43758/

2014/04/24 エレーナ・ブヤーノワ「浅田真央はママの夢を支えに生き続けた」

=「ソートニコワは、自分が何を欲しいのかをいつも知っていた」の記事より=

—オリンピック後、インターネット上で韓国のファンたちから侮辱の言動が押し寄せて、あなた方は気落ちしませんか。
「私はすぐにアデリーナに、分からせようと務めました。ユナ・キムは韓国中のアイドル、しかも唯一のアイドルなのだということを。他のアイドルはいなく、いつか現れるのかどうかも分からない。言い方を変えれば、ユナは、希望、愛、信頼そして励ましの国民的中心の存在なのだと。いつの日か、私たちのロシアでもアデリーナをあのように応援するようになることを、私も夢見るぐらいは出来る。このようなこと全てを私はアデリーナに説明しました。全ての希望が一度に失われてしまった時、以前のままでいることはとても難しいものなのだと。

もちろん、アデリーナに関する全ての批判は、私にとって気分の良いものではありません。こんなに短期間でどれだけコンポーネンツの点数が上がったか・・・とか。私たちは、彼女のオリンピックでの点数を何と比べるのでしょうか? 彼女が12月のグランプリファイナルで滑った時と比べるのでしょうか? あの時、彼女は、5つのエレメンツを抜かしてプログラムを滑りました。全てのエレメンツをクリーンに行った時には、コンポーネンツも自動的に上がります。それに加えて、とても難しいコンビネーションジャンプがプラスされたのですから。

また別の面で、アマチュアスポーツ競技では、強い気持ちを持って行うことが出来なければなりません。負の気持ちも含めて。私には、とても強い印象を受けたことがあります。それはショートプログラムを終えた後、浅田真央のコーチが夜中の1時に日本の記者たちの前に出て行った時のことです。記者たちは、『アイズベルク』の前の通りで彼を待ち構えていました。何百人も居たのです。照明の数がすごくて、明るい太陽の下にいるかのようでした。彼は目を伏せたまま立っていました。そして、語って、語って、語って・・・それは、真央の失敗がどれ程強い打撃を国民に与えたかを知った上で、まるで全国民にお詫びをしているかのようでした。

—あなたは、浅田真央がさらに今後四年間オリンピック金メダル争いを今のように続けながら、フィギュアスケート界に残ることを望んでいるのですか。
「私にとって、真央は、かつて彼女のママがCSKAの私たちのリンクに連れて来た時の小さな少女のままなのです。いつまでも。彼女をとても愛しています。そりゃ分かってはいますよ。あのような高い水準で三年連続のオリンピックに出場し続けるということが、彼女にとって極めて困難なことになるだろうということは。それと同時にいろいろな事を考えました。もしかしたら、ショートプログラムで起こったような、あのような深い『穴』に落ちてしまうことが、浅田にとって必要だったのかしら? 私たち全ての者が、フリープログラムでの全く魔法のような彼女の滑りをみるために? だって、正にあのような滑りを彼女のママは夢見ていたのだもの。ママがモスクワにやって来た時、その事をたくさん話していた。そして、あのママが亡くなられてから、真央は、まさにこの夢を支えに生き続けたことを私は知っているのです」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/04/25(金) 01:24:51|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<2014/04/25 アデリーナ・ソトニコワ「日本で与えられなかったものは、Tシャツ、香水、土地のスイーツくらいだったわ」 | ホーム | 2014/04/24 米のインディーロックバンドがプルシェンコに捧げるミュージックビデオをリリース>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/552-8e06f329
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2014/04/24 エレーナ・ブヤーノワ「浅田真央はママの夢を支えに生き続けた」

http://www.sport&#45;express.ru/velena/reviews/43758/2014/04/24 エレーナ・ブヤーノワ「浅田真央はママの夢を支えに生き続けた」=「ソートニコワは、自分が何を欲しいのかをいつも知っていた」の記事より=—オリンピック後、インターネット上で韓国のファンたちから侮辱の言動が押し寄せて、あなた方は気落ちしませんか。「私はすぐにアデリーナに、...
  1. 2014/10/30(木) 18:14:55 |
  2. あれこれ