あれこれ

2014/10/20 長洲未来「コロラドの環境は、練習に精を出すモチベーションになっている」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1024387137.html

2014/10/20 長州未来「コロラドの環境は、練習に精を出すモチベーションになっている」

アメリカのフィギュアスケーター、ミライ・ナガス(長洲未来)は、自分の欠点や、ソチオリンピック期間中にプログラム作りをしたことを語った。

「私はプレッシャーがある時には、ジャンプを失敗する傾向があります。どんな時でも、どんな場所でもクリーンに出来るように、自分の全てのジャンプを整えて置きたいのです。

コロラドに移ったことは、私が出来る最善のことでした。ここの環境は、練習により精を出すための私のモチベーションになっています。グループの仲間は、本当に強いフィギュアスケーターたちなので、私は変更を喜んでいます。

シーズンに向けて、私のために二つのプログラムを作ってくれたのは、アダム・リッポンです。私は彼の滑りをとても尊敬しているのです。彼の動きが好きなのです。仕事のなかでは、私たちの友達付き合いは二義的なものとなり、私は彼を振付師として見ます。

私とアダムは、2月の皆がオリンピックに行っている時にプログラムを作りました。ソチに出場していないことを考えるのが辛かったのです。ですから、少し気分を切り替えようとして、リッポンとプログラム作りを始めたのです」。
Icenetworkは、このように長洲のことばを伝えている。

文:アンドレイ・ソコローフ / 出典:Icenetwork
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/10/21(火) 21:10:16|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2014/10/21 リュボーフィ・イリューシェチキナ「カナダでは誰も人を見下したり、作り上げたりしようとしない」 | ホーム | 2014/10/19 アンチーポワの父「ユーリヤの病状の下で、全ての関係者が不快感や自尊心を捨ててくれた」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/908-91f24823
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)