富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2014/10/22 ノダリー・マイスラーゼ「アンチーポワの回復とスポーツへの復帰を待っている」

あれこれ

2014/10/22 ノダリー・マイスラーゼ「アンチーポワの回復とスポーツへの復帰を待っている」

http://rsport.ru/figure_skating/20141022/782098363.html

2014/10/22 ノダリー・マイスラーゼ「アンチーポワの回復とスポーツへの復帰を待っている」

モスクワ、10月22日、R-Sport、マリーヤ・ヴォロビヨーワ
ユーリヤ・アンチーポワとペアで滑っているロシアのフィギュアスケーター、ノダリー・マイスラーゼは、R-Sport通信社に、拒食症で苦しんでいるパートナーの早期回復のみならず、スポーツへの復帰を待っていると語った。

ペアのアンチーポワ/マイスラーゼ組は、2014年世界選手権で8位。夏にアンチーポワは重い拒食症を発症した。火曜日(21日)、彼女はイスラエルの専門子供医療センターに入院した。

「ユーリャが回復する迄、僕はコンディションを失わないように、ジェーニャ・プリューシェンコのショーに参加します」。マイスラーゼは電話で語った。「彼女がモスクワの病院に入院していて、僕が最後に彼女に会った時には、僕はそこで彼女の体重を計ったのです。僕は、ユーリャの早期の回復のみならず、スポーツに復帰するのを待っています。僕が彼女と話をした時には、彼女は戦う気分になっていて、早くトレーニングを始めたがっていました。全然、まだ回復していなかったのですが」。

「本当は、この状況でユーリャはとても苦しい思いをしています。僕たちには、多分、彼女に何が起こっているのか分かっていないのです。彼女は、とても傷つきやすい人です。それなのに既にどれだけの時間入院しているのでしょう。これは、非常にきついです。文字通り昨日、彼女はイスラエルのクリニックに運ばれて、治療が既に始まりました。正確には、継続されました」。彼は語った。

夏に起こった状況を彼自身は、どれ程の思いで耐えているのかという質問に対してマイスラーゼは、最良のことを信じる以外にない、と答えた。「大体、アスリートの生活は困難なものです」。憂鬱な皮肉で彼は語った。「朝から晩迄練習しているという観点からだけでなく、心理面から言っても」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/10/23(木) 00:59:25|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2014/10/22 フランク・キャロル「テンはまだ100%ではない」 | ホーム | 2014/10/21 ステパーノワ/ブーキン組は、Skate Americaで戦う準備が出来ている>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/912-a2b98181
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </