あれこれ

2014/11/08 エリザヴェータ・トゥクタムイシェワ「中国大会は、どのような状況でも最後まで戦うことを教えてくれた」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1024849907.html

2014/11/08 エリザヴェータ・トゥクタムイシェワ「中国大会は、どのような状況でも最後まで戦うことを教えてくれた」

ロシアのフィギュアスケーター、エリザヴェータ・トゥクタムイシェワは、グランプリ中国大会での自分の勝利の後、この結果が彼女にとってどのような意味を持つのかについて語った。

—リーザ、勝利の後で今はどんな気分ですか?
「慣れない感覚。忘れていた、ということも出来るかも」。

—でもこれはシーズン最初の勝利ではないですね。
「でも、グランプリでの勝利ではありません。ここで私に起こったことは、頭のなかでまだ最後まで整理がついていません。でも、私は自分を克服したことを、大会で勝利しファイナルに行けることが嬉しいです」。

—この勝利はあなたにとってどのような意味を持ちますか?
「多分、リーザ・トゥクタムイシェワが、自分の以前のリズムに戻ったということです。それぞれの選手にとって成功は重要です。私も例外ではありません。勝利は自信を与えてくれます。

個々の大会は、それがどのようなものであれ、経験を与えてくれます。この大会は、どのような状況でも最後まで戦うこと、耐えること、逆転すること、出来るか出来ないかを考えないこと、進むこと、行うことを教えてくれました。まさにこの大会で、これらのことばが本当に何を意味するのかを理解したのです。これらの全てのフレーズは、私たちはコーチからしょっちゅう聞いています。でも聞くことは出来ても、理解することは出来ないものです」。
ロシアフィギュアスケート連盟オフィシャルサイトは、このようにトゥクタムイシェワのことばを伝えている。

文:アレクサンドル・チェルノーフ / 出典:ロシアフィギュアスケート連盟
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/11/09(日) 11:27:02|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2014/11/09 アレクサンドル・ラケールニク「リプニツカヤは技術面で、まだ競技への準備が出来ていない」 | ホーム | 2014/11/08 ユリヤ・リプニツカヤ「今日は人生最悪の滑りだった」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/970-93701246
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)