あれこれ

2014/11/09 アレクサンドル・ラケールニク「リプニツカヤは技術面で、まだ競技への準備が出来ていない」

http://rsport.ru/figure_skating/20141109/787134728.html

2014/11/09 アレクサンドル・ラケールニク「リプニーツカヤは技術面で、まだ競技への準備が出来ていない」

モスクワ、11月9日、R-Sport、マリーヤ・ヴォロビヨーワ

グランプリ中国大会で2位になった、ソチ団体戦金メダリストのユーリヤ・リプニーツカヤは、まだ技術面でシーズンへの備えが出来ていない、そのために自分の初戦で多くのミスが出た。ISU技術委員会委員長、ロシアフィギュアスケート連盟副会長アレクサンドル・ラケールニクは、R-Sportにこう語った。

「ユーリャは、技術的にまだ非常に良い状態ではない。彼女はまだ準備が出来ていない。特にフリープログラムでそれが見られた。同じ理由で(コーチたちは)ショートを易しくしたので、彼女はプログラムをまとめることが出来た。
残念ながら、彼女の次のグランプリ大会までにはとても短い期間しかない。しかし、ユーリャは、もちろん、フランス大会では、もっと良い結果を望むだろう」。ラケールニクは電話で語った。「確かに最初の大会はうまく行かなかった。とりわけ、彼女はシーズン初めにどこかで自分を試すことが出来なかった。

しかし、ポジティブな面もある。ショートプログラムは、新しいスタイルで作られている。そこでのユーリャはより大人に見えた。それはもう小さな女の子ではなく、若い娘だ」。

「フリープログラムでは、制作者たちは昨シーズンのスタイルを維持しようとしていた。しかし、大量の技術的なミスのせいで、プログラム自体を見るのが困難だった」。専門家である彼はこう付け加えた。

リプニーツカヤのうまく行かなかった準備と力強さに欠けるシーズン開始を、ラケールニクは、オリンピックの結果だと説明した。「オリンピックチャンピオンや、昨シーズンうまく行った選手たちは、再び最大出力で働き始めるのは難しい。その上、トレーニングを離れなければならない多くの社会的な活動があった。そこで、負荷を増やす時期が来た時に怪我が生まれる。身体の準備が出来ていないからだ。それは難しい時期だ。それを越えるためには時間が必要だ」。ラケールニクはこう語った。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/11/10(月) 00:25:04|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2014/11/09 マクシム・コフトゥン「高レベルのアスリートは、どんな状況にも備えなくてはならない」 | ホーム | 2014/11/08 エリザヴェータ・トゥクタムイシェワ「中国大会は、どのような状況でも最後まで戦うことを教えてくれた」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/971-1586206e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)