富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2014/11/16 アレクセイ・ミーシン「男子シングルのレベルは、プルシェンコの能力内にある」

あれこれ

2014/11/16 アレクセイ・ミーシン「男子シングルのレベルは、プルシェンコの能力内にある」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1025043193.html

2014/11/16 アレクセイ・ミーシン「男子シングルのレベルは、プリューシェンコの能力内にある」

ロシア功労トレーナー、アレクセイ・ミーシンは、二度のオリンピックチャンピオン、エヴゲーニー・プリューシェンコが、日本での大会に出場する、と表明した。

「1月14日、私とエヴゲーニーは、十分に本格的な大会に出場するために、日本に出向く。最近の大会を見る限り、男子シングルのレベルは、プリューシェンコの能力内にある」。

—彼は、今、どのようにトレーニングしているのですか?
「彼は今年欠場しており、われわれが事前に計画した範囲で練習を行っている。課題は次のものだ:行為能力を蓄えること、新しい芸術的解決法を見出すこと、身体的資質を培うこと、新しい振付方法を見出すこと、スピンを磨くこと、新しいジャンプのバリエーションを磨くこと。

彼は、もちろん、一日に8時間ずつの練習はしていない。その代わり、『スノー・キング』のパートを最大限積極的に練習しているし、山のように他のことも練習している」。

—つまり、手術によって健康問題が解決したということですか?
「痛みが消えただとか、理想的な状態だとか、何とでも言うことは出来ようが、しかし、そういったおはなしは、アスリートのためのものではない。今は次のように言っておく:プリューシェンコの健康状態のバロメーターは、晴天の方向にコースを取った。指針は、だいぶ前に、悪天候から離れた」。
「ソヴェツキー・スポルト」のインタビューで、ミーシンはこのように語った。

文:アレクサンドル・チェルノーフ / 出典:「ソヴェツキー・スポルト」
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/11/18(火) 01:20:50|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2014/11/16 エレーナ・イリイヌィフ「観客の声援が疲れを消してくれた」 | ホーム | 2014/11/16 クセーニヤ・ストルボーワ「クリーモフと私のペアは、プログラムを難しくする準備は出来ている」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/987-635f2236
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </