富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ フィギュアスケート

あれこれ

2017/05/11 マクシム・トランコフ「エヴゲーニヤ・タラソワには、アリョーナ・サフチェンコやタチヤナ・ヴォロソジャールのような優れた女性パートナーになる素質がある」

http://www.sport-express.ru/se-velena/reviews/maksim-trankov-v-sochi-ya-ispolnyal-rol-geroya-vtorogo-plana-1253018/

2017/05/11 マクシム・トランコフ「僕はソチオリンピックで脇役のヒーローを演じた」〜その⑤〜

====一部抜粋====

(エレーナ・ヴァイツェホフスカヤ)
インタビューにはマクシムが一人でやって来て、次のように説明した。

マクシム・トランコフ:「ターニャ(タチヤーナ・ヴォロソジャール)は今、常に赤ん坊と一緒にいる。乳母はまだいない — 妻は幼児を他の人にあまり任せたくないのだ。それに僕も、見知らぬ人が家の中にいるのが好きじゃないし」。

—現役続行の可能性の問題は、もう最終的に閉ざされたのですか?

「90パーセントね」。

—この決定を下すのは難しかったでしょうね。内面的葛藤は無かったのですか?

「それは今でも続いている。引退後の生活の可能性は、多くのタイトルを持っていたとしても、非常に限られているということが分かったのだ。僕は正直言って、全く別の判断をしていた。競技から去る時に何か見当をつければ、仕事に就けると。自分を、十分に創造的で柔軟な人間だと考えていたし、仕事が無いということはないだろうと信じていた。実際は、全くそうではなかった。ロシアで自分の働き口を見つけるのは、非常に困難だ」。

—それを理解し始めたのは、かなり早い段階で?

「ボストンの世界選手権から戻った後、ほとんどすぐに。夏の初めにターニャが妊娠したこと分かった。それで僕は、家にただ居ることがないように仕事について積極的に考え始めた。一人でトレーニングを続けることはしたくなかった:僕はそれを一度も好きだったことはない。コーチとして働こうとしたけれど、自分で滑っていた期間ずっと非常に多くのものごとをバラ色のメガネを通して見ていたことにすぐに理解したのだ」。

—あなたが滑っていたニーナ・モーザーの学校でコーチのキャリアを開始することを期待していたのですか?

「期待していたというのではない。僕とターニャが自分たちで滑っていた間、このことは何度も声に出して言われていた。現役引退後は、僕たちはいつでもチームに戻ることが出来ると。だが実際は、それが前よりも困難であることが分かった。チームは既に出来上がっていて、どんな新しい人でもその中では余計になるのだ」。

—このチームの中にロビン・ゾルコーヴィの場所はあって、あなたの場所は無いと分かって悔しくないですか?

「正直に言うと、僕にとってこれは今でも痛いテーマだ。ロビンをモーザーの学校に引き入れたのは、僕とターニャだ。アリョーナ・サフチェンコが現役を続行する決断をした後、五度の世界チャンピオン、オリンピックメダリストのステータスにあるロビンがリンクの外に取り残されて、僕たちは彼が本当に気の毒になったのだ。だってこんなにも長い間ペアスケートの『ブランド』でいるのは生易しいことではないのに — 突然全てを失うなんて:パートナー無しではロビンは一つのショーにも出られなかったのだから。

それに僕とターニャにとっても、ロビンから何らかのプロフェッショナルな部分を汲み取ることに興味があった — それは今、彼の指導の下でエヴゲーニヤ・タラーソワとウラジーミル・モローゾフがやっているのだが。彼らは長い間グループの中で『五番目の車輪』のようで、誰も彼らを特に信じなかったし、安定性がない、個性がないと思われていた。実際は今シーズン、このペアがどれ程輝けるのかが完全に明らかになったのだが」。

—このアスリートたちを見ると私はいつも、モーザーの下であなたとタチヤーナ・ヴォロソジャールが滑り始めたばかりの時期を思い出します。側から見ると、あなた方のペアというのは、それはある種の国家プロジェクトであることが、非常に良く分かりました。

「そういう面もあった」。

—このプロジェクトには、最良の力が注がれました:必要な専門家たちが引き入れられ、どのような小さなことでも保障されました:すなわち、あなた方のオリンピックでのパフォーマンス時に全ての弱点が取り除かれるように全てのことがなされました。今、私がただ理解出来ないのは、オリンピックの後何故コーチ陣は、タラーソワ/モローゾフ組に対し同様の熱意を持って働き始めなかったのか?ということなのです。

「僕とターニャは幾度となくこのことをニーナ・ミハイロヴナと一緒に話をした — ジェーニャとヴォーヴァは非常に大きな結果を出す能力があることを彼女に納得させようとした。しかし彼らには誰も何の特別な期待もしていなかった。若干の懐疑は次のことで説明出来るかもしれない:ジェーニャとヴォーヴァはジュニアから上がって日が浅く、その上われわれのスポーツ種目には、周囲が言うことに耳を傾ける特性が常にあった。一方で、タラーソワ/モローゾフ組はシニアで滑り始めてから、非常に急激に上昇したのだ」。

—あなたはだって、ある時期、このスケーターたちと一緒に仕事をしたのでは?

「そうだ。ソチオリンピックのすぐ後、最初のシニアのシーズンに彼らに二つのプログラムを作った。このアイディアがどのようにして生まれたのかはもう覚えていないが、彼らは反対しなかった。あのシーズンにジェーニャとヴォロージャはヨーロッパ選手権で3位になり、世界選手権で6位になった。彼らとのあの自分の仕事を僕はとても誇りに思っている」。

—あれは、このような面でのあなたの最初の経験でしたか?

「ペアたちとの仕事ではそうだ。最初のプログラム作成合宿に、僕は怪我の治療のために遅れたのだ。だから、プログラムの仕事を僕たちは遅れて開始した。そう、それに新しいスケート靴だったこともあった。実を言えば、その時僕は、ジェーニャが女性アスリートとしてどれ程ユニークであるかを理解した。彼女は、アリョーナ・サフチェンコやターニャ・ヴォロソジャールのような優れた女性パートナーになることが十分に出来る — そのための全ての素質が彼女にはある」。

—それはどのような点ですか?

「タラーソワは — パートナー的に非常に柔軟性があり — どのような状況にも調子を合わせることが出来る。だから彼女と仕事をするのは非常に楽だ。ヴォロージャはもっと頑固だが、彼には、今度は、彼が滑っているものの理解において非常に優れた俳優の素質を持っている。簡単に言えば、彼はアーティストであって、ペアスケートにおいてしばしば男性パートナーのことを言う『ジャッキ』ではないということだ」。

*****  *****  *****
https://www.sports.ru/tribuna/blogs/warmup/1281695.html

 Men Single Skating   Best of GOE  Season16/17

https://www.sports.ru/tribuna/blogs/warmup/1274316.html

Ladies Single Skating  Best of GOE  Season16/17


  1. 2017/05/21(日) 02:35:00|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017/05/18 アメリカで娘にフィギュアスケートを習わせた母親「アメリカと同じ金額をロシアで払ったら、最高のコーチと完璧なプログラムで高い水準に行っている」

http://www.fsrussia.ru/files/mfk_magazine/wfk_8_2016.pdf

2017/05/18 アメリカのフィギュアスケート体験レポートより〜その②〜

====ロシアフィギュアスケート連盟の機関誌「フィギュアスケートの世界」より。アメリカで娘にフィギュアスケートを習わせているナジェジュダ・シュリガさんのレポート「アメリカのフィギュアスケート」より一部抜粋====

* レッスン代はいくらか?*
アメリカでは、非常に豊かな親のみが子供にフィギュアスケートをさせられる。普通の家庭では、そのようなことは頭にも浮かばない。例えば、フィギュアスケーターのための多人数でのリンクの使用一回分(フリースタイル・セッション)は、45分間で平均10~13ドル(約1112〜1445円)だ。通常の多人数でのリンクの使用一回分(パブリック・セッション)では、フィギュアスケートのエレメンツは、厳しく禁止されている。

コーチとの授業は、30分間(!)で40~50ドルくらいだ。つまり一回のトレーニング(氷+指導者)は、平均で50~60ドルになる。本格的選手コースでは、一週間に6回トレーニングしなければならない。すなわち、もし一日に一回、30分の授業を受ければ、あなたはコーチ料だけで一ヶ月に約1500ドル(約16万6800円)支払うことになる。

しかし選手コースでは、一日に40分ずつ滑るだけで良いだろうか? 2~3時間は必要かもしれない。ということは、残りの時間は、氷代だけ払って、一人で自主的に滑らなければならない。もし毎日、3セッションの氷をさらに買うとすれば、一ヶ月の氷代は800ドルにもなる。

だから、一日に2時間以上滑る人は、私たちのリンクでは、430ドルを払って一ヶ月券を買い、そこで制限無しで滑った方が得になる。ただそれは、朝6時から夕方の5:30迄だけれども。またこの金額には、45分間のグループレッスンが一週間に5回 — 一般的身体訓練、振付け、専門的身体訓練、それにピラテスが含まれている。

しかし、一流選手コースの子供にとって、一週間に45分の振付けって一体何だろう? その通り、意味がない! 1.5時間のバレエのグループレッスンは、約30~40ドルする。それに、そのためにはどこかのバレエスタジオに出かけなければならない。実のところ、アメリカ人たちはグループで学ぶ意味を理解していないので、彼らは時として1時間90ドルで個人レッスンを受ける。

もし、あなたが氷上で振付師と一緒にプログラムを完成させたいのなら、それは30分間で40~50ドルかかる(氷の値段抜きで)。一般的身体訓練のコーチにも、別途支払わなくてはならない。例えば、陸上選手と一緒に時間単位で取り組めば、1時間100ドルかかる。専門的身体訓練の値段は、30分で40~50ドルだ。

今までのものを全て加算して見てください。覚えておくべき最も大事なことは、スポーツ学校に(ロシアのように)無料のグループレッスンがある訳ではないということ! あなたが取り組んでいるのは、(まだ一流とは言えない)予備段階のものであるのに、その値段はロシアよりも数倍高い。

誰かが反論するかもしれない、モスクワでも安い訳ではないと。でも考えなくてはならないのは、これらの金額であなたがアメリカで得るものは、『ベース』であるのに対し、ロシアで同じ金額だったら、最高のコーチ、完璧なプログラムで「逃げ去っている」(高い水準に行っている)ということだ。

* 一ヶ月の合計*
430ドル — 氷+週に5回の45分間ずつのグループレッスン付き一ヶ月券。
1300ドル — 週6回、30分ずつのコーチ代
150ドル — 一週間に1度の振付のグループレッスン
160ドル — 週に1度の個人的専門的身体訓練
160ドル — 週に一度、30分間の氷上での振付師とのプログラムの仕上げ

一ヶ月の合計2200ドル(約24万4640円) — 最小限の数字。これはただトレーニング代のみ。

この上に、大会出場費、スケート靴の購入(アメリカではロシアよりも高い)、コスチューム代、トレーニングウエア代、プログラム作成費用、テスト代、ブレードの研磨・・・等で月に少なくとも500ドルが必要。
つまり、一ヶ月3000ドル(約33万3600円)以下にはならない。

  1. 2017/05/20(土) 02:39:00|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017/05/18 タマーラ・モスクヴィナ「カワグチ/スミルノフ組は、今後どうするかを熟考中」

http://rsport.ru/figure_skating/20170518/1120626011.html

2017/05/18 タマーラ・モスクヴィナ「カワグチ/スミルノフ組は、今後どうするかを熟考中」

モスクワ、5月18日、R-Sport、アナトーリー・サモフヴァーロフ。
二度のヨーロッパチャンピオン、ペアのユーコ・カワグチ/アレクサンドル・スミルノフ組は、今後の選手生活に関してまだ熟考中だと、コーチのタマーラ・モスクヴィナがR-Sportに語った。

ロシアフィギュアスケート連盟執行部は、木曜日(18日)、オリンピックシーズンに向けてのナショナルチームメンバー候補を承認し、カワグチ/スミルノフ組もそこに含まれた。ペアは、12月のロシア選手権で5位となり、ヨーロッパ選手権にも世界選手権にも選出されなかったために、実質その時点で昨シーズンを終了していた。

以前の2016年1月にカワグチはアキレス腱断裂の怪我を負い、手術を行った。それに伴い、二人は2015/16年シーズンの残りを休場したが、新シーズンでは競技に復帰していた。

「二人は、今後どうするかをまだ熟考中です。まだ具体的なことは何も言うことは出来ません」。モスクヴィナは電話でこのように語った。

*****  *****  *****

http://www.fsrussia.ru/files/mfk_magazine/wfk_8_2016.pdf

2017/05/18 アメリカのフィギュアスケート体験レポートより〜その①〜

====ロシアフィギュアスケート連盟の機関誌「フィギュアスケートの世界」より。アメリカで娘にフィギュアスケートを習わせているナジェジュダ・シュリガさんのレポート「アメリカのフィギュアスケート」より一部抜粋====

* 自立した失敗*
実際、大部分の親はコーチとのレッスンは30分しか買うことが出来ず、それも毎日ではないために、アメリカの子供たちは多くの時間を、一人で自主的に滑っている。常にコーチの監督下にあるのに慣れているロシアの子供には、同じようにやることを学ぶのは非常に難しい。

だってロシアではどうなっているか? コーチが課題を与え、子供たちはそれを遂行する。誰かが悪さをすれば、「キック」も貰うかもしれない。誰かが罪を犯せば、罰を受ける。

私の娘は今でも、自主的に練習することが難しい。例えば、朝の6時にリンクにやって来る。眠たいし、力が出ない。でも氷に出て、しきたりのようにトレーニングしなければならない。しかも、誰も自分を叱らない — 10歳の子供が自分で自分を追い込まなければならない。彼の頭には、これから2時間何に取り組むのかの明確なプランがなければならない。

たいてい私と娘は前もって、今日は何に取り組むかを検討し、ノートに全ての課題をメモしておく。しかし、彼女が何らかのジャンプをやり始めても、それが上手く行かないこともある。彼女がまだ、分析したり、修正したり出来ないミスが紛れ込むのだ。どうすれば良いか?

思わぬところで、彼女は全練習をこの失敗に当てることが出来る。一方コーチたちは、その後、修正し、訂正する・・・ことになるが。このためにトレーニングプロセスは、極めてゆっくりと進行する。小さな子供に自主的に、正確に仕事をすることを教えるのが、いかに困難か、ロシアの人たちには想像出来ないでしょう。でもアメリカの子供たちは、5~6歳からこれに慣れている。

* 競技会とテスト*
アメリカではどの階級のレベルの競技会であっても、スケーティングのテストとエレメンツのテスト無しには、子供たちは出場が許されない。もしあなたが、自分の子供をノービスかそれ以上の競技会に出場させたかったなら、はじめにテストに合格しなければならない。

例えば私の娘が、Juvenileの階級に出場するためには、最初にこのレベルのスケーティング — moves in the fieldに合格しなければならなかった。その後、freestyle test — エレメンツが入ったプログラムの滑走が、このレベルの必須だった。各テストには平均で50ドルかかる。もし合格しなくても、お金は返却されない。

ついでに言えば、テスト無しでどこかのアメリカの例えば「ドミトロフ」とか「ムイティシュ」に出場してはならない。アメリカ国内の全ての子供たちのデータベース、全ての大会、テストは、アメリカフィギュアスケート連盟を通してのみだ。

テストの申請のためには、どこかのフィギュアスケートクラブのメンバーでなければならず、一年に一度会費を払わなければならない。例えば娘のマーシャは、Washington Figure Skating Clubに所属し、年会費は135ドルだった。テストが通ったらやっと大会に出場出来る。子供たちが一つのプログラムのみを滑るジュニア以下の階級の競技会への出場は、150ドルかかる。もし二つなら、この地区では300ドルだ。

もしあなたが、本番前に氷上でウォーミングアップしたければ、30分の練習で平均20~30ドルかかる。ウォームアップは必要だ。なぜなら、たいてい試合のために比較的遠くまで行かなければならないからだ。

コーチのみが子供をスタートに導く権利がある。従って子供を導く代金としてさらに40〜50ドル支払わなければならない。さらにあなたが本番前に30分のトレーニングをコーチに望むなら、彼に授業料として40~50ドル支払わなければならない。氷上でのビデオ撮影はたいてい禁止されている。30~40ドル出せば、ビデオを買うことが出来る。

結局、ジュニア以下の階級で試合に出るために、平均で250~300ドル(訳注:5月19日のレートでは、約27800〜33360円)かかる。対してロシアでは2000〜3000ルーブルだ(訳注:約3920〜5880円)。本格的選手だったら450~550ドルだ。

無料の試合は全く無い。アメリカ選手権への選抜大会でさえ、出場者たちは同様の金額を払う。アメリカ選手権への交通費や滞在費も自費だ。全て親の出費だ。競技会が高額なため、アメリカの子供たちは、たいてい1ヶ月に一度以上は出場しない。

  1. 2017/05/19(金) 03:52:00|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017/05/11マクシム・トランコフ「プルシェンコの学校の授業料は高くない」

http://www.sport-express.ru/se-velena/reviews/maksim-trankov-v-sochi-ya-ispolnyal-rol-geroya-vtorogo-plana-1253018/

2017/05/11 マクシム・トランコフ「僕はソチオリンピックで脇役のヒーローを演じた」〜その④〜

====一部抜粋====

(エレーナ・ヴァイツェホフスカヤ)
—あなたとターニャ(タチヤーナ・ヴォロソジャール)は、子供の誕生時までフォトセッションに参加したりして、常にゴシップ欄に登場していました。あれは喜びからだったのですか、それとも必要性からだったのですか?

マクシム・トランコフ:「一連のプロジェクトは本当に興味深いものだったのだが、大部分は必要性からだ。僕たちは、マスコミやテレビで僕たちのプロモーションに取り組む自分のチームを持っている。競技生活から去り、森の中に定住し、そこで菜園を作る、そういうもののために個人的に生きる用意は僕には無い。人気や需要を保つためには、イベント、広告、出版物などに常時顔を出していなければならない」。

—ご自分のPRチームに支払うとすれば、あなたには相当の負担となりますね?

「今のところそれの心配は無い。僕とターニャには過度の大きな支出の予定がない:自分のアパートメント、自分の家、車があるし、アパート代や食費の支払い分は、僕が既になんとか稼いでいる。もし生活が全く地に落ちれば、スケート予備教室でも取り組み始める」。

—そういう経験はありますか?

「無い。率直に言えば、そもそも僕はスケート予備教室に反対だ」。

—何故?

「何故なら、パーニン・コローメンキンからエヴゲーニヤ・メドヴェージェワに至る、ロシアのチャンピオンたちのなかで誰一人、スケート予備教室を必要としなかったし、それらを受けなかった。プリューシェンコもヤグージンも、誰も」。

—でもプリューシェンコ自身が、今、自分の学校で丁度これに取り組んでいます — 才能は無くても、価格表通りに支払う用意がある人たちを滑らせています。

「今多くの人たちが、プリューシェンコが月や年に取る授業料を議論している。実際のところ、この金額は全く高くないものなのに。スケート予備レッスンに対し — しかも、多くの場合、全く才能の無い子供のレッスンに対して、両親はコーチに普通、1時間2500~3000ルーブル(訳注:約4900~5880円)支払う。この時、レッスンは時として毎日 — つまり一週間に7回行われる。ジェーニャは、ただこの『陰になっている』価格表をオープンにしただけなのだ」。

 (参考資料)
http://kurkuma.blog.fc2.com/blog-entry-2284.html ←プリューシェンコの学校の授業料

  1. 2017/05/18(木) 02:55:00|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017/05/11マクシム・トランコフ「テレビの仕事に就くのも困難だし、テクニカルスペシャリストにもなれない」

http://www.sport-express.ru/se-velena/reviews/maksim-trankov-v-sochi-ya-ispolnyal-rol-geroya-vtorogo-plana-1253018/

2017/05/11 マクシム・トランコフ「僕はソチオリンピックで脇役のヒーローを演じた」〜その③〜

====一部抜粋====

(エレーナ・ヴァイツェホフスカヤ)
—ロシア選手権であなたは競技のコメンテーターをやりましたが、あれは難しかったですか?

マクシム・トランコフ:「僕が怪我をして、僕とターニャが競技を休んでいた時に、僕は全てのテレビ中継を見て、ロシア人だけでなく本当にいろいろなコメンテーターのことばに耳を傾けた。

スポーツ専門チャンネルESPNやアメリカのいろいろなチャンネルで、どのようにコメントしているかを知っている。だから、自分の力を試すのは面白かった」。

—なぜ続けなかったのですか?

「何故なら、それもオファーが無いことが分かったからだ。フィギュアスケートで勝利したのは、もういつのことだったのか分からないようなアメリカ人たちを取り上げるとすれば、彼らは常に3~4のチャンネルの重要な大会に派遣されている。

コメンテーターとして派遣されるのは次のような人々だ:マイケル・ワイス、タラ・リピンスキー、ジョニー・ウイアー、タニス・ベルビン、チャリー・ホワイト。日本で競技のコメントをしているのは、荒川静香、高橋大輔、織田信成。フランスの『ユーロスポーツ』が引き入れているのは、ナタリー・ペシャラ、ファビアン・ブルザ。

ロシアでテレビの仕事に就くのは極めて困難だ。僕は昨シーズン、ほぼ全ての大会をコメントしたが、これは全て、タチヤーナ・アナトーリエヴナ・タラーソワのお陰なのだ。彼女がオフィスに行って、説得し、旅費をやっと手に入れたのだ。

ヘルシンキの世界選手権の後、僕が尊敬する人たちがタラーソワに対して批判的な発言をしているのを聞くのは、僕個人にとっては残念なことだ。もしタラーソワを追い出したら、ロシアのテレビにフィギュアスケートは全くなくなってしまうことを、これらの人々はただ理解していないのだ」。

((訳注:https://www.sports.ru/tribuna/blogs/russiateam/1228319.html
2017年世界選手権ショートプログラムのマクシム・コフトゥンの演技の解説中、次のようなやり取りがあり、これに対し多くの批判があった。

アレクサンドル・グリーシン:「誰だって転倒することはありますよ、タチヤーナ・アナトーリエヴナ」。

タチヤーナ・タラーソワ:「いいえ、こんなに毎回転倒しません。毎回ではありません! もし、頭の中に何かがあるのなら、こんな風に転倒してはいけません。頭が寝ている時に、人はこんな風に倒れることが出来るのです。そこで足を引きずってはいけません」。))

—テクニカルスペシャリストになることは考えなかったのですか?

「これについては沢山頼まれたと言える。だってペアスケートでは、審判の仕事が、非常にうまく行っている訳ではないから」。

—ペアだけですか?

「他の種目では、ペア程ではない。本人がペアで滑っていて、現役引退後この仕事に残る人たちはほとんどいない。だからペアスケートのジャッジをするのは、主として元シングルスケーターたちだ。

あのボストンでは、テクニカルスペシャリストの一人の女性は、僕とターニャのツイストにレベル2をつけた。それ以前の全期間を通して僕たちはレベル4、+3をずっと得ていたのに。このエレメントは常に同じように、同じエンターで同じテクニックでやっているのが分かっているのだから、僕はどのように反応すべきだったのか? 

僕が(ISUの)試験に受かってライセンスを取得したら、それは良いだろうという話が始まった頃、ゾルコーヴィが突然僕に近づいて来て、どこかにビールでも飲みに行かないかと誘った。僕たちは出かけ、そこでビールを前にしてロビンは語った。彼も審判団に入るよう誘われたこと、そして断ったことを。

僕たちはこれについてあらゆることを議論し始めたが、ものごとに対し、完全に同じ見方をしていることが分かった。ロビンも僕も、明らかに悪い滑りをしたのに、勝って更衣室に戻る時が何度かあった。客観的に僕たちよりも良い滑りをして、そして負けた人たちの目を、そこでどのように見たら良いのかが分からなかったと。

ロビンとの話の後、僕自身が理解したことは、このシステムの一部になる用意は自分には無いということだった。もし偉大なチャンピオンペアが、僕の眼前で悪い滑りをしたら、僕はそれらをより高く評価することが出来ない。何故なら、自分が身をもって体験したから、それが一体何なのかを知っているからだ。だから、審判団には著名なアスリートがいないのだと思う」。

  1. 2017/05/17(水) 04:34:00|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017/05/11 マクシム・トランコフ「5月には、多くのスケーターが時々信じられないことをやる」

http://www.sport-express.ru/se-velena/reviews/maksim-trankov-v-sochi-ya-ispolnyal-rol-geroya-vtorogo-plana-1253018/

2017/05/11 マクシム・トランコフ「僕はソチオリンピックで脇役のヒーローを演じた」〜その②〜

====一部抜粋====

(エレーナ・ヴァイツェホフスカヤ)
—多くのことから判断すると、来シーズンは女子たちが四回転をやり始める初めてのシーズンとなりますね。

マクシム・トランコフ:「僕ならそんなに急いでそれを言うことはしないだろう」。

—でもあなただって多分、インターネットで動画を見たでしょう?

「見た。実は5月には、非常に多くのスケーターが時々信じられないことをやるのだ。四回転ジャンプ、四回転スロージャンプ。それは、シーズン終わりにはコンディションがいつも高い状態にあるからだ。夏休みの後氷に戻るのとは、全く違っている。それ故、僕はシーズンが始まるのを待ちたい」。

—それでは、女子スケートが子供のスケートに転換する傾向自体は、気に入っていますか?

「そういう傾向だって存在する権利はあると、僕なら言うだろう。ひたすらシングルスケートは、体操競技や水中飛び込み競技が既に以前になったように、『アジアの』ものになっている。この攻勢に対峙するには、まだ成長し切らないアスリートたちがより容易だ。

ただもし、来シーズン初めてシニアになるアリーナ・ザギートワとジェーニャ・メドヴェージェワのオリンピックのチャンスを比べるとすれば、メドヴェージェワの方が何倍も大きなチャンスがあると僕なら言うだろう。もし韓国でジェーニャがクリーンに滑れば、その他の全員がどんな滑りをしようと、彼女が勝つ。

ザギートワのことを僕は、去年のロシア選手権で見た。彼女は素晴らしくジャンプをするが、彼女の2位は僕には疑問だった。その理由は、ただそれが子供の滑りだったからだ。ダニイル・グレイヘンガウスが彼女にドン・キホーテを作ったことは素晴らしいし、僕はジュニアのスケートでのこの演出をとても楽しみにしていた」。

—なぜ?

「この音楽は、素晴らしくジャンプのアクセントを強調するからだ。ジュニアの滑り — それは主にジャンプだ。

ついでに言えば、あなたが言った傾向を僕が心配しているとは言わない:ザギートワがどんなジャンプをしようと、彼女を目当てに会場は満席にはならない。しかし、カロリーナ・コストナーを目当てに会場は満席になる」。

  1. 2017/05/16(火) 02:23:56|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017/05/11 マクシム・トランコフ「フィギュアスケートでのフェルナンデスは、ラスト・オブ・モヒカンのようだ」

http://www.sport-express.ru/se-velena/reviews/maksim-trankov-v-sochi-ya-ispolnyal-rol-geroya-vtorogo-plana-1253018/

2017/05/11 マクシム・トランコフ「僕はソチオリンピックで脇役のヒーローを演じた」〜その①〜

====一部抜粋====

(エレーナ・ヴァイツェホフスカヤ)

・ ・・「オリンピックの質問に戻れば、僕にとって大事だったのは、言って見れば、ターニャの(オリンピックという)祝宴を台無しにしないことだった。僕は、いつだったかロビン・ゾルコーヴィとこのことを話したことがあったが、彼も、アリョーナ・サフチェンコとの関係で全く同じ気持ちだったと打ち明けた。だから、あれは主として僕たちの女性パートナー同士の戦いだった:僕とロビンは、脇役のヒーローを演じたのだ」。(マクシム・トランコフ)
・ ・・
—ソチ市のあなたとタチヤーナのフィギュアスケータートレーニングセンターは、存在し続けるのですか?

マクシム・トランコフ:「もう、そうではないのだ。僕たちには、オリンピックの後、前のクラスノダール地方知事アレクサンドル・トカチョーフと、地方のフィギュアスケート発展の枠組みのなかで約束した幾つかの義務があった。その後、知事が変わり、そこで全てが終了したのだ。しかし僕たちは、自分たちの全ての義務は遂行した」。

—自分たちの学校を持ちたいのでしょう?

「それは実質的に不可能だ。もし僕に国の氷を、モスクワでなくても、どこかモスクワ郊外に与えてくれるのなら、僕は喜んでそこで働くだろう。私立という形でのペアスケート学校は、基本的に存在出来ない。

わが国のほとんど全てのペアスケーターが、どこから来るか? ペルミ、アチンスク、グレミャチンスク — つまり、何も持たない選手たちなのだから、彼らはどこへトレーニングに来ようが、最初に住宅や食事に支払わなくてはならない。これを支払うために、彼らの両親はどこから工面出来る?

第二の問題もある:フィギュアスケートでは小さな子供たちがコーチにお金をもたらすが、ペアスケートでは子供はいない。なぜなら、ペアで滑り始めるのは、14歳だ。したがって、コーチたちが稼げるには、雀の涙ほどだ。その上、氷ではペアが同時に3~4組以上は滑れない。

だから、ロシアのペアスケートを発展させる唯一の方法は、何らかの財閥がリンクを建設し、ペアスケート用の氷を提供し、『伝統を復活させなさい!』と言うことなのだ」。

—そうすると、近い将来のあなたの仕事は、ショー関係だけに?

「おそらく、そうなる。場所までは、まだ言うことが出来ないが」。

—あなたにとって、どこだったら、より興味深いものになりますか?

「日本、スイス。問題は稼ぎではない:このようなショーでは、隣で強い外国のアスリートたちが滑っているのだから、非常に多くのものが学べるのだ。誰が、どのように練習し、ウォームアップし、パフォーマンスの準備をするか、つまり、仕事にどう取り組んでいるのかを見ることが出来る。あの羽生を例にとれば:分かっていることだが、日本で彼が氷に出ることが出来て、トリプルサルコウを二回跳ぶと、会場はそれだけでヒステリックな歓喜で割れんばかりだ。その代わり羽生は、毎日会場で本格的トレーニングを行うし、氷上では、僕だったらとっくに死んでいるようなウォームアップを行うのだ」。

—それが、打ち勝ち難さの秘密の全てでしょうね?

「それに加えて、日本人の生理学に日本人のメンタリティーだ。高橋が去って、羽生が現れて、次はもう誰もいないだろうと思われるのに。宇野昌磨が現れて、ボールのように跳び、神のように滑っている? 

ロシアフィギュアスケートの不幸は、ロシアでは少数のコーチが滑りを教えていることだ。ロシア人たちはどこへも行かないが、日本や中国では毎年、自分の生徒たちを非常にさまざまな専門家たちのトレーニングキャンプに送り出し、有名なコーチたちを自分のところへ招待しているのだ。

あのネイサン・チェンは、シーズンを通して別々の3箇所でトレーニングしている — デトロイトのマリーナ・ズーエワ、ハッケンサックのニコライ・モローゾフ、カリフォルニアのラファエル・アルチュニャーンのところだ。つまり、三人の元ロシアコーチがアメリカ人を教えている。そして今では、このアメリカ人は、世界最強の一人なのだ。チェンがどのようにトレーニングしているかも、僕はハッケンサックの合宿にいた時に見た。もし、ロシアのシングルスケーターたちがこの練習のせめて半分でも行ったならば、僕たちは、今、全く異なるシングルスケートを持つだろうに」。

—ところで、あなたは男子の試合で誰を応援するのですか?

「ハビエル・フェルナンデスだ。彼が誰よりも困難だ。フィギュアスケートでの彼は — ラスト・オブ・モヒカンのようだ。彼のライバルたちの全員には、アジア人の血が流れている:チェン、パトリック・チャン、デニス・テン、羽生結弦、宇野昌磨・・・また、フェルナンデスの滑りは、本当の男のものだ。今それは希少だ」。

—フェルナンデスと羽生が、もう何年も一人のコーチのグループで素晴らしく共存しているのは、どのようにしてやっているのかを、あなたは説明できますか?

「西側のスポーツは、契約システムに基づいているということが全てだ。あなたがお金を払えば、コーチはこのお金を100%働いて返す。なぜなら、アスリートに不満があれば、出て行くだけなのを分かっているからだ。このようなシステムはまた、スケーターたちを規則正しくさせる:人がトレーニングのために自分のポケットから支払った時には、彼はこのお金に対して、コーチが与えることが出来る全てを彼から得ようとするだろう。このコーチの下で他に誰かが滑っているという事実を、そもそも誰も気にしない。

ロシアではコーチの給与は、常時他でアルバイトを探さなければならない程のものだ。アスリートがもし突然、誰か他の専門家に援助を求めたいと思えば、すぐに裏切りの話が始まる。それはただ、コーチが生徒を失うことをひどく恐れているだけのことだ」。

—つまり、システム自体に欠陥があるということですか?

「システムに欠陥があるのではない。ただ時代遅れなのだ」。

  1. 2017/05/15(月) 03:28:00|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017/05/13 アヴェルブーフはコフトゥンに、ミーシャ・ジーはヴォロノフに振付けをする

http://ltk-cska.ru

2017/05/13 コフトゥンとヴォーロノフの夜勤

====CSKAのサイトより====

昨日、正確には今日、インナ・ゲルマーノヴナ・ゴンチャレンコの練習グループで、「プログラム作成の重大な夜」と呼べる動きがあった。最初氷に出て来たのはマクシム・コフトゥンとイリヤ・アヴェルブーフで、まさにアヴェルブーフがコフトゥンの新プログラム(訳注:複数)の振付師となった。

それから少し後に、「第二シフト」としてミーシャ・ジーとセルゲイ・ヴォーロノフが交代した。

正直に言うと、創造的プロセスを見ながら、私たちの競技種目に男子ペアスケートが入らないのかしら、と思った程だった — セルゲイとミーシャは完全にシンクロして、将来のショートのなかのいくつかの部分を滑っていて、彼らのダブルスプレッドイーグルは、全て6.0に値した。

ヴォーロノフとコフトゥンの滑りに、どのようなメロディーが添えられるのかについては、まだ発表する訳にはいかないが、しかし、ファンたちが、コーチ、振付師そしてスケーターの選択を評価することを願っている。

*****  *****  *****
http://rsport.ru/figure_skating/20170512/1120336347.html

2017/05/12 ミーシャ・ジー「アレクサンドル・ペトローフとアンドレイ・ラズーキンにプログラムを作った」

モスクワ、5月12日、アンドレイ・シモネンコ。
ウズベキスタンのスケーター、振付師ミーシャ・ジーは、ロシアのアンドレイ・ラズーキンとアレクサンドル・ペトローフのためにプログラムを作成したと、R-Sportに語った。

ラズーキンは昨シーズン、ロシア選手権4位で、ペトローフは6位だった。またペトローフは、世界ジュニア選手権に出場し、そこでは4位になった。どちらのスケーターも、サンクトペテルブルクのアレクセイ・ミーシンのグループでトレーニングしている。

ジーの話によると、ラズーキンとペトローフに彼が作成したのは、ショートプログラムだという。

ジーは、2016年世界選手権銅メダリストのアンナ・ポゴリーラヤの昨シーズン用ショートプログラムとエキシビジョンプログラムの制作者であり、また、ペトローフとアルトゥール・ドミートリエフJrとも仕事をした。

  1. 2017/05/14(日) 00:15:00|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

2017/05/05 エテリ・トゥトベリーゼ「生徒になんとか課題をさせるために、話し合ったり、叱り飛ばしたり、何らかの方法を探さなければならない」

http://rsport.ru/interview/20170505/1120015384.html

2017/05/05 エテリ・トゥトベリーゼ「もし教育をスポーツに投影すれば、規律が出来る」〜その⑦〜

====一部抜粋====

(アンドレイ・シモネンコ)
—非常に多くの人たちがあなたの厳しさについて話していますが、試合での公式練習ではあなたとジャーニャには非常に頻繁に明るい笑いが溢れています。それにジャーニャ自身もある時、『何故あなたがたは皆、エテリ・ゲオルギエヴナがとても恐ろしく、意地悪だと思っているのですか?』と私に言ったことがあります。

エテリ・トゥトベリーゼ:「私たちの全てのトレーニングでは、そのような明るい笑いに包まれた雰囲気です。一方で厳しさに関しては・・・なんですか、私は皆のところに行って、『いいえ、私は厳しくありませんよ』と話して回らなければならないのですか? よろしいです、私が厳しいとしましょう。ただその厳しさが、どこに現れているのか・・・

またしても日常生活の話に戻りましょう。親は自分の子供を育てています。親たちは毎朝子供を起こし、学校に行かせ、夜には宿題がやってあるかどうかを調べます。そして子供が、喫煙をしないように、飲酒をしないように、口喧嘩などしないように、夜中の2時迄パソコンの前に座っていないように監督します。これは厳しい親ですか?

—自分の責任を果たしている親ですね。

「その通りです。これは、自分の子供を愛し、自分たちの責任を果たしている親です。それでは何故、自分のアスリートを愛し、自分の責任を果たしているコーチを、厳しいコーチだと言うのですか? アスリートが課題をやらずに、ウォームアップをせずに、練習をすっぽかすことを私が進んで許したとしたら、私はどんなコーチになりますか?」。

—悪いコーチです。

「私は悪いコーチではなく、ノーマルな、普通のコーチです。自分の子供に取り組んでいるノーマルな親と同じように」。

—あなたは生徒たちを叱り飛ばし、声を張り上げることが出来ると言われています。

「またしても・・・あなたの息子が何もやりたがらないとします。あなたは彼を叱り飛ばしますか、それともこう言いますか — そうかい、それでいいよ。どうしてお前に化学が必要なのだろうね。私には化学なんてまったく役に立たなかったよ・・・化学はどうでもいいよ。2にされたって、上等さ。

それとも、あなたはやはり叱り飛ばし、教科書を開かせ、理解させて、宿題をやらせますか?」。

—もちろん、後者です。

「私もそうです。だから叱り飛ばすのです。何故なら、アスリートに『やりたくない』を乗り越えさせて、やらなければならないことを実行させているからです。それが全てです。自分の子供を愛するからこそ、しつけて、子供の教育を監督しなければならない普通の親のように振舞っているのです。

もし、監督することを止めたら、それはもう愛ではないでしょう。子供を監督するのは困難だし、その子が常にどこかへ逃げ出そうとしていたら、なおさら困難なのは分かっています。

親と同じように、コーチにとっても容易なことではありません。なぜなら、一人一人のアスリートは簡単な道を探して、何らかの課題を何とかやらないで済ませようとしているからです。

ですから、アスリートと話し合ったり、叱り飛ばしたり、さらには何らかの方法を探さなければならないのです」。
・ ・・・
・ ・・・
—ジェーニャが勝ち続けているこの数年、あなたは彼女を餓死させようとしているとか、新しいことを何も考え出さずにエレメンツを並べ替えているだけだとか・・・あなたは非難されていました。なぜあなたは何も答えないのですか?

「何故私が馬鹿げたことに答えなければならないのですか? 追いかけて行って、叫ぶのですか — いいえ、私は愚かな驢馬ではないわ。ご覧になってください。私には尻尾がないでしょう、と?」。

—飢えに関してはジェーニャが答えました — 両手にピザを何切れか持って座り、この記事を読んだと。しかし、多くの人たちは、もし答えが沈黙ならば、それは真実なのだと受け取っていますよ。例えば、プログラム後半へのジャンプの並べ替えのテーマは、今日本で話題になっていて、何らかのジャンプを最初にやるよう、規則を変更することが既に提案されています。

「分かりました。それなら、もしザギートワのフリープログラムに関して言うとすれば、そこでは全てが正しく置かれています — 強さのある音楽が後半に始まり、ジャンプも適切に合っていると見えます。このような構成は常に認められるべきだと私は思います」。

  1. 2017/05/13(土) 03:13:27|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017/05/05 エテリ・トゥトベリーゼ「かつてメドヴェージェワを氷上に転がしたが、今は別の方法がある」

http://rsport.ru/interview/20170505/1120015384.html

2017/05/05 エテリ・トゥトベリーゼ「もし教育をスポーツに投影すれば、規律が出来る」〜その⑥〜

====一部抜粋====

(アンドレイ・シモネンコ)
—(「自分で全てが分かっているような生徒にまだ出会ったことがない」とのエテリ・トゥトベリーゼの発言を受けて)しかし、ジェーニャ(エヴゲーニヤ)・メドヴェージェワはものごとが全て分かっているのではないかな。それとも、そう見えるだけですか?

エテリ・トゥトベリーゼ:「彼女は分かっています。確かに分かっています。“課題を受け-課題を実行する”という面で彼女は最も規律正しいアスリートです。このことは彼女が、『なぜ』、『これは正しいのだろうか』、『誤魔化されているのではないか』という疑問を抱かないということではありません。

しかしジェーニャには、私が言っている正しい両親がまさにいるのです。彼らが、ジェーニャが困難な時に実のあるトレーニングに向かわせるような時間や生活態度を創り出しているのです。

例えば、彼女が試合から帰って、疲れたと感じていても、ただ座って、『ああ、何て疲れたのだろう』と考えることが出来ずに、自分の中にエネルギーを探さずにはいられないのです。ここには、ある時には彼女と厳しい話をし、ある時にはサポートする母親と祖母もいます。

このようにして私たちのお互いの努力が、ジェーニャが自分の中にポテンシャルを見出し、再び精を出して練習を始めることを導いているのです。コーチたちと両親の間の丁度まっすぐ繋がる廊下となって、そこにいるアスリートが外側への抜け穴を見出すことが出来ないのです。

だって人は常により楽なところを探しているし、それは全く当たり前のことです。両親がアスリートに同情した途端に、アスリートは同情してくれるところへ逃げて行きます。それをさせてはならないのです! 

だって正直言って、私たちがやっているものは最も厳しいスポーツ種目ではありません。多分もっと厳しいものもあります — 例えばマラソンでは、選手たちはほとんど死にかけています」。

—身体的には、最も厳しいものではないかもしれませんが、心理的には、フィギュアスケートと比較出来るようなスポーツ種目はほとんどないと感じます。フィギュアスケートでは自分の全ての競技生活の運命が、四年に一度の二つの短いパフォーマンスで決まってしまうのですから。

「そんな風に思う必要はありません! 何故? これは人生です。フィギュアスケート — これも人生なのです。オリンピック — それは単なる人生の1ステージです」。

—それなら何故これほど多くのスケーターが、まさにオリンピックで「燃え過ぎて失敗する」のでしょう? カート・ブラウニングは四度の世界チャンピオンでしたが、オリンピックでは6位、8位、5位でした。

「なぜなら、オリンピックを何か特別なものとして対応する必要はないからです。それは単なる試合です。それが全てです」。

—ジェーニャ・メドヴェージェワは、練習を楽しんでいると言っています。これは本当ですか?

「克服というのは、どんなものであれ喜びをもたらす筈です。だってあなたもまさに同じでしょう。あなたが何か難しいものを克服した時には・・・」

—嬉しいですね。

「嬉しいでしょう。ここでも全く同じです。あなたが前回の練習で疲れている時、次回の練習のために力が足りるのかどうかと不安に思っている時、あなたは氷に出て行き、自分に打ち勝つのです。ここに喜びがあります」。
・ ・・・
・ ・・・
—ある映像のなかであなたは、(練習中に)ジェーニャを氷の上を転がしたと話していました。

「転がしました」。

—今もそうしなければならないのですか?

「今は他の方法です」。

—他の方法を探さざるを得ない!

「そうです。ことばです。時々私と彼女は真剣に話し合います。彼女は既に大人の女性ですからことばで十分な時があります。時にはテレビのリモコンのように、音量を上げなければならないこともあります。

それから、彼女は非常に多くの様々な経験をしています。彼女は非常に早くから真剣に滑り始めましたから、彼女は常に思い出すことが出来るのです — “こういう場合は、何が起こるか”。彼女には思い出せるものがあるのです」。 

—ジェーニャは本当に大人でしょうか?

「生活に関しては、彼らは全員子供です。セルゲイ・ヴォーロノフも生活に関しては全くの子供でした。彼にはどこでも母親が必要でした。一方で、スポーツに関しては、彼らは全員大人なのです。

もし私たちが彼らに、子供に対するように対応したとしたら、彼らは私たちの下で何一つやらないでしょう」。

—しかしジェーニャは、話している事柄に関しては大人に見えます。その上、賢明に。

「それは本当です。しかし、それにもかかわらず生活に関しては、彼女はやはりまだ子供なのです。彼らは、それ程に夢中なのです・・・ほとんど何も見ていないで、彼らの全生活はトレーニングプロセスのために合わせてあるのです」。

—彼女との私たちのインタビューのなかで、アリーナ・ザギートワとの競争のテーマは彼女には不愉快なのだと分かった、ある瞬間がありました。

「誰かを上か下かのように対決させる話が始まるのを、私は好みません。私は生徒たちにライバルを尊敬するよう教えています。もし誰かがあなたのライバルのレベルまで成長したなら、すなわち、彼はあなたと同じくらい練習したということです。

そして決してライバルを評定してはなりません。私はある時ジャーニャに、テレビで競技のコメントをすることを禁じた程です。現役アスリートは、ライバルたちの評価をすべきではありません」。

—しかしジェーニャは毎日、四回転を跳んでいる少女たちを隣で見ていて、不愉快ゾーンにいるのではないですか? あるいは、一年後に同じようにオリンピックで勝ちたいと望んでいる可能性が非常に高いザギートワを見ていて。

「ジェーニャは今までもずっと競争のなかにいました。ある時は、彼女よりも何倍も強かったポリーナ・シェレペーンと。その後は隣にユーリヤ・リプニーツカヤがいました。その後はエッジがぶつかり合うすぐ隣に、セラフィーマ・サハーノヴィチが現れました。

そしてジェーニャは常に、自分が氷上のアスリートとして注目されるために戦って来ました。ですからこの競争は、彼女には十分に慣れている状況です。もちろん、練習で何らかの神経の負担が加わることはあるでしょう。しかし・・・やむを得ないことです」。

  1. 2017/05/12(金) 12:21:00|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
    </